1. TOP
  2. ハーブティー辞典
  3. ローズヒップ

ローズヒップ

ローズヒップ Rosa canina

「ビタミンの爆弾」と呼ばれるほど栄養成分の宝庫

長い間、野生のローズヒップは農村の人々にとって貴重なビタミンC源でした。

そのビタミンCはレモンの約10~20倍含まれているといわれていて、メラニンの働きを抑えるコラーゲンの生成にも欠かせないため、美肌効果が期待できます。

他にも、酸化の原因である活性酸素の働きを抑えるビタミンEが含まれているので、肌や血管の老化を防いでくれます。

 

<効能・作用> 

抗酸化作用:

老化の原因である活性酸素による酸化を抑える。

抗炎症作用:

筋肉と関節の硬直や痛みの緩和。

収斂作用:

皮膚や粘膜を引き締める。

利尿・緩下作用:

穏やかに便秘を解消し、体内の老廃物を排出する助けをする。

 

<味と香り> まろやかな酸味 / トッピングハーブ・メディカルハーブ2   

<ブレンド相性> ローズレッドジャーマンカモミールハイビスカス

ブレンドレシピ【美肌対策】ハイビスカスローズヒップローズレッド

ブレンドレシピ【エイジングケア】ローズヒップローズレッドステビア

*ローズヒップがブレンドされたハーブティー
「ビューティー&クレンズ」「スイートローズ」はこちら

<禁忌事項> 

  • 下痢を起こす場合があるので、過剰摂取はお避け下さい。
  • ホール状はすりつぶして使用すること。

 

<学 名>  Rosa canina

<英 名>  Rose Hip、Dog Rose

<和 名>  ―

<別 名>  ドッグローズ

<科 名>  バラ科

<分 類>  落葉低木

<原産地>  南米

<使用部位> 果実

<主要成分> フラボノイド配膳体、リコピン、ビタミンC

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と調和した暮らし”をテーマにしたHerb shop&cafe HMCの経営・商品企画、製造・イベント,講座の主催・講演など幅広く活動中。ハーブ・アロマをはじめとする植物療法に20年以上にわたり携わる。フィトテラピーやナチュラルメディスンを暮らしに取り入れやすいメソッドやプロダクトを幅広い世代の方に伝える。

#プロフェッショナルアドバイザーオブハーブ(PAH)#薬膳ハーブインストラクター#チャイルドコーチングアドバイザー#植物療法研究家

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローズレッド

  • ローズマリー

  • ローズヒップ

  • レモンマートル

関連記事

  • エビスグサ(ハブ茶)

  • ジンジャー

  • ホーリーバジル

  • リンデン

  • ローズレッド

  • オレンジピール