1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・ラ行
  4. ルイボス

ルイボス

ルイボス

ルイボス Aspalathus linearis

栄養成分豊富な南アフリカに伝わる万能健康茶

ルイボスは南アフリカのセダルバーク山脈一帯にのみ生息する植物で、ルイボスとは現地の言葉で「赤い茂み」という意味です。

古くから「不老長寿のお茶」として日常的に飲まれていました。

ルイボスに含まれる抗酸化成分が体内の活性酸素を取り除き、細胞の新陳代謝を促す働きがあるため、アンチエイジング効果が期待できます。

さらに、冷え性や便秘、活力不足、アレルギーの諸症状にも利用されています。

 

<効能・作用> 

抗酸化作用:

老化の原因となる活性酸素を除去し、代謝を促進してくれる。

肌荒れの改善や卵子の老化防止、冷え性や便秘、下痢にも役立つ。

鎮静作用:

ストレスを抑え体を温めるので、不眠の解消に役立つ。

エストロゲン様作用:

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進する。

 

<味と香り>

紅茶の様なさわやかな味

<ブレンドアドバイス>

ベースハーブ:ブレンドの味や特徴を決めるベースとなるハーブです。
メディカル2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。

<ブレンド相性>

ローズヒップローズレッドハイビスカス

ブレンドレシピ【妊娠全期間】ローズヒップハイビスカス+ルイボス

ブレンドレシピ【更年期対策】ルイボス+ローズレッドシナモン

<禁忌事項>

特になし

 

<学 名>  Aspalathus linearis

<英 名>  Rooibos

<別 名>  ―

<和 名>  ルイボス

<科 名>  マメ科

<分 類>  低木

<原産地>  南アフリカ

<使用部位> 葉部

<主要成分> カリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、銅、亜鉛、マンガン鉄、ビタミンC

 

<ご購入はこちら>

ルイボス

*ルイボスがブレンドされたハーブティー

「マタニティ【リフレッシュ】」

「ウーマンエナジー」

 

関連記事

  • ホーリーバジル

  • バレリアン

  • レモンバーベナ

  • ローズヒップ

  • エルダーフラワー

  • シベリアンジンセン