1. TOP
  2. シングルハーブ辞典
  3. シングルハーブ・マ行
  4. ミルクシスル

ミルクシスル

ミルクシスル Silybum marianum

肝細胞の保護と修復の働きで肝臓疾患の予防と治療に

フラボノイドに含まれるシリマリンは肝細胞の細胞膜を保護し、毒物の受容を避ける働きをします。

また、有毒な活性酸素を無毒化し、肝細胞の損傷を防止。

さらに、すでに損傷を受けた肝細胞の修復を促す作用もあるとされています。

種子が固いので、砕いてからハーブティーにします。

学術論文では、慢性肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝、肝硬変などへの効果も報告されています。

 

<効能・作用> 

抗酸化作用:

体内で発生する活性酸素を無毒化する。

細胞膜安定化作用:

細胞膜を保護して毒物を避ける働きをする。

タンパク合成促進作用:

損傷を受けた肝細胞の修復を促す働きをする。

肝機能亢進作用:

肝臓の機能を活性化する。

 

<味と香り> ほぼ味がなく、砕くと少し苦味とほのかな甘み / メディカルハーブ2

<ブレンド相性> シナモンペパーミントジャーマンカモミール

ほぼ味がないので、どんなブレンドハーブとも合わせられます。

ブレンドレシピ【肝臓ケア】ジャーマンカモミールダンディライオンミルクシスル

<禁忌事項> キク科アレルギーの方は摂取をお控えください。

 

<学 名>  Silybum marianum

<英 名>  Milk thistle

<別 名>  ―

<和 名>  マリアアザミ、オオアザミ

<科 名>  キク科

<分 類>  二年草

<原産地>  地中海沿岸

<使用部位> 種子

<主要成分> シリマリン

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と調和した暮らし”をテーマにしたHerb shop&cafe HMCの経営・商品企画、製造・イベント,講座の主催・講演など幅広く活動中。ハーブ・アロマをはじめとする植物療法に20年以上にわたり携わる。フィトテラピーやナチュラルメディスンを暮らしに取り入れやすいメソッドやプロダクトを幅広い世代の方に伝える。

#プロフェッショナルアドバイザーオブハーブ(PAH)#薬膳ハーブインストラクター#チャイルドコーチングアドバイザー#植物療法研究家

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローズレッド

  • ローズマリー

  • ローズヒップ

  • レモンマートル

関連記事

  • パッションフラワー

  • スペアミント

  • ホーリーバジルティーの作り方・飲み方、効果・効能を実感する6ステップ

  • ギムネマ

  • レモングラス

  • ジャーマンカモミール