1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・サ行
  4. ジンジャー

ジンジャー

ジンジャー

ジンジャー Zingiber officinale

体を温め殺菌効果に優れた、世界各国で知られているハーブ

ジンジャーの歴史は古く、熱帯アジアやインド、中国で料理だけでなく、あらゆる病気の薬として利用されてきました。

日本でも「ショウガ」としておなじみの香辛料です。

ジンジャーティーには乾燥したものを用います。

風邪の引き始めや冷え性の方、また乗り物酔いや消化不良を起こしている時などに飲むと効果が期待できます。

 

<効能・作用> 

血行促進作用:

体を温めるので、冷え性の人や風邪の引き始め、発熱時に効果的である。

消化促進作用:

胃をあたためることで食欲を増進させ、また消化を助ける働きをする。

鎮吐作用:

つわり、乗り物酔いなどのむかつきや吐き気を抑える。

抗炎症作用:

筋肉痛や関節痛の緩和に役立つ。

 

<味と香り>

ピリッとさわやかでスパイシーな味

<ブレンドアドバイス>

メディカルハーブ2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。
トッピングハーブ:ブレンドの味や香りの調整をしてくれるハーブです。

<ブレンド相性>

ローズマリージャーマンカモミールシナモン

ブレンドレシピ【冷え性対策】ジャーマンカモミールシナモン+ジンジャー

<禁忌事項>

消化器に潰瘍がある場合は大量摂取をお控えください

 

<学 名>  Zingiber officinale

<英 名>  Ginger

<別 名>  ―

<和 名>  ショウガ(生姜)

<科 名>  ショウガ科

<分 類>  多年草

<原産地>  熱帯アジア

<使用部位> 根部

<主要成分> ジンゲロン、ショウガオール、アルカロイド、フェノール

 

<ご購入はこちら>

ジンジャー

*ジンジャーがブレンドされたハーブティー「8月限定ブレンドティー white Chamomile」

 

関連記事

  • ヨモギ

  • バレリアン

  • エビスグサ(ハブ茶)

  • ローズマリー

  • チコリ

  • マリーゴールド