1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・ハ行
  4. フェヌグリークシード

フェヌグリークシード

フェヌグリークシード Trigonella foenum graecum

お腹の調子を整えるスパイシーな香りのハーブ

フェヌグリークは南ヨーロッパや南西アジア原産のスパイスハーブで、世界各地で古くから用いられてきました。

粘液質を多量に含み、消化不良や食欲不振、病後の回復期、痛風、関節炎やリウマチなどに良いとされています。

また、母乳の分泌を促す作用があるので、母乳で子育てしたい方にもおすすめです。

 

<効能・作用> 

滋養強壮作用:

消化不良や食欲不振を改善する。

代謝調節作用:

血糖値やコレステロール値を下げる働きを助ける。

催乳作用:

母乳の分泌を促し、母乳の出をよくする。

 

<味と香り>

薄いカレーのような甘みもあるスパイシーな味 

<ブレンドアドバイス>

メディカルハーブ1:薬理効果が高いハーブです。ただし、禁忌がある場合も多いので使用には注意が必要です。

<ブレンド相性>

シナモンレモングラスネトル

ブレンドレシピ【胃腸活】レモングラスフェンネル+フェヌグリークシード

<禁忌事項>

妊娠中の方・小児への摂取はお控えください。

 

<学 名>  Trigonella foenum graecum

<英 名>  Fenugreek

<別 名>  ―

<和 名>  コロハ

<科 名>  マメ科

<分 類>  一年草

<原産地>  地中海地方

<使用部位> 種子

<主要成分>  4‐ヒドロキシイソロイシン・コリン、ジオスゲニン、トリゴネン

 

<ご購入はこちら>

フェヌグリークシード

*フェヌグリークシードがブレンドされたハーブティー「ミルクup」

 

関連記事

  • チコリ

  • マテ

  • レッドクローバー

  • レモンマートル

  • ローズレッド

  • ステビア