1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・ハ行
  4. フェンネル

フェンネル

フェンネル Foeniculum vulgare

甘味があり飲みやすく消化促進、健胃剤として活用

古代ギリシャ人はダイエットに利用していたといわれ、料理の分野でも欠かせない香草として古くから用いられているフェンネル。

甘味のあるティーは消化を助け、胃や腸内に溜まったガスの排出を促します。

痙攣を鎮め、痰を切る作用もあることから、上気道カタルにも利用されます。

これらの作用は、同じセリ科のアニスシードやキャラウェイと共通しています。

また母乳の出を良くしたり、ボディラインを整えたりするためにも用いられます。

 

<効能・作用>

駆風作用・消化促進作用:

消化を促進し、胃や腸に溜まったガスを排出、お腹の張りや痛みを和らげる。

去痰作用:

痙攣を鎮め、痰を出しやすくする。

ホルモン様作用:

ホルモンバランスを整える。母乳の分泌を促す。

 

<味と香り>

キリッとしたスパイシーな風味

<ブレンドアドバイス>

メディカルハーブ2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。
トッピングハーブ:ブレンドの味や香りの調整をしてくれるハーブです。

<ブレンド相性>

ダンディライオンローズマリージャーマンカモミール

ブレンドレシピ【胃腸活】ダンディライオン+フェンネル+ローズマリー

<禁忌事項>

妊娠中の方は大量摂取をお控えください。

 

<学 名>  Foeniculum vulgare

<英 名>  Fennel

<別 名>  ―

<和 名>  ウイキョウ(茴香)

<科 名>  セリ科

<分 類>  多年草

<原産地>  ヨーロッパ

<使用部位> 種子

<主要成分> アネトール

 

<ご購入はこちら>

フェンネル

*フェンネルがブレンドされたハーブティー「ぷよぷよ・たぷたぷGood-bye」

 

関連記事

  • シベリアンジンセン

  • マリーゴールド

  • グリーンルイボス

  • ヤロウ

  • オリーブ

  • ヴァンルージュ