1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・マ行
  4. マローブルー

マローブルー

マローブルー Malva officinalis

色の変化を楽しみながら炎症を鎮める青紫色のお茶

湯を注ぐと鮮やかなブルーが出て、時間とともにグレーになるマローブルー。

さらにレモン果汁を加えると、きれいなピンク色に変化します。

咳や気管支炎などをやわらげるほか、胃の粘膜を保護し胃炎などの消化器系や膀胱炎、尿道炎など泌尿器系の炎症を緩和します。

 

<効能・作用> 

鎮静・消炎作用:

胃のムカムカや痛み、咳やのどの痛みを緩和する。

皮膚・粘膜保護作用:

イガイガする喉の調子を整えたり、皮膚にうるおいを与える。

視覚機能向上:

疲れ目の予防と回復に役立つ。

 

<味と香り>

薄いシソのような香りでほぼ無味

<ブレンドアドバイス>

メディカル2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。
トッピングハーブ:ブレンドの味や香りの調整をしてくれるハーブです。

<ブレンド相性>

レモンマートルローズレッドヒース

ブレンドレシピ【ストレスケア】ローズヒップローズレッド+マローブルー

<禁忌事項>

特になし

 

<学 名>  Malva officinalis

<英 名>  Common mallow

<別 名>  コモンマロー

<和 名>  ウスベニアオイ

<科 名>  アオイ科

<分 類>  多年草

<原産地>  ヨーロッパ、アジア

<使用部位> 花部

<主要成分> 粘液質、フラボノイド、タンニン、アントシアニン系色素

 

<ご購入はこちら>

マローブルー

*マローブルーがブレンドされたハーブティー「読書時間」

 

関連記事

  • ブルーベリーリーフ

  • オレンジフラワー

  • フェヌグリークシード

  • リンデン

  • レッドクローバー

  • ハニーブッシュ