1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. オレンジピール

オレンジピール

オレンジピール

オレンジピール Citrus aurantium

シトラス系のさわやかな香りがストレスからくる頭痛や緊張に効く

中国の漢方では「陳皮」と呼ばれていて、ビターオレンジの果皮を乾燥させたもの。

ハーブティーやアロマテラピーに使うオレンジには、ビターオレンジとスイートオレンジの2種類があります。

ビターオレンジの方が薬効が優れているといわれていますが、混ぜることもあります。

リラックス作用が高いので、眠れない夜などに飲用すると効果的です。

また、胃腸の不調にも有効。

 

<効能・作用> 

鎮静作用:

精神的な理由からくる頭痛や緊張に有効。

整腸・消化機能促進作用:

消化器官の調和と栄養素の吸収改善を助ける。

 

<味と香り>

さわやかな柑橘系の香りとやや苦み

<ブレンドカテゴリー>

トッピングハーブ:ブレンドの味や香りの調整をしてくれるハーブです。

メディカルハーブ2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。

<ブレンド相性>

どのハーブとも相性が良い 

レモンマートルジャーマンカモミールローズヒップ

ブレンドレシピ【睡眠対策】ジャーマンカモミールリンデン+オレンジピール

<禁忌事項>

特になし

 

<学 名>  Citrus aurantium

<英 名>  Bitter orange

<別 名>  ビターオレンジ

<和 名>  トウヒ(橙皮)

<科 名>  ミカン科

<分 類>  常緑小高木 

<原産地>  インド、ヒマラヤ

<使用部位> 果皮

<主要成分> フラボノイド、苦味質

 

<ご購入はこちら>

オレンジピール

*オレンジピールがブレンドされたハーブティー「金運」

 

【参考文献:メディカルハーブ安全性ハンドブック第二版 他】

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。