1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・マ行
  4. マルベリー

マルベリー

マルベリー【国産】Morus alba

食後の血糖の上昇を抑制する生活習慣病予防のハーブ

完熟した紫黒色の実は昔から世界各地で生食され、ジャムや果実酒の原料に用いられてきました。

年に3〜4回収穫が可能な生命力に富んだマルベリーは、日本ではクワの葉として知られ、カイコが食する唯一の植物として絹の生産を支えてきました。

葉に含まれる成分は食後の血糖上昇を抑制するため、糖尿病や肥満など生活習慣病の予防に活用されています。

また、美白を目的に用いられることもあります。

 

<効能・作用>

血糖調整作用:

血糖の上昇を抑え、糖尿病や肥満などの生活習慣病の予防に役立つ。

整腸作用:

腸内環境を改善する。

 

<味と香り>

さっぱりとした香ばしい番茶のような味

<ブレンドアドバイス>

ベースハーブ:ブレンドの味や特徴を決めるベースとなるハーブです。
メディカル2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。

<ブレンド相性>

ゴボウジャーマンカモミールネトル

ブレンドレシピ【糖尿病予防対策】マルベリー+ネトルレモングラス

<禁忌事項> 

妊娠中・授乳中の方、糖尿病の薬を飲んでいる方は注意が必要です。
飲用前に主治医にご相談ください。

 

<学 名>  Morus alba

<英 名>  Mulberry

<別 名>  ―

<和 名>  クワ

<科 名>  クワ科

<分 類>  落葉低木

<原産地>  中国

<使用部位> 葉部

<主要成分>  DNJ(デオキシノジリマイシン)、γアミノ酪酸(GABA)、クロロフィル、フィトステロール(シトトステロール)、ミネラル(鉄、カルシウム、亜鉛)など

 

<ご購入はこちら>

【国産】マルベリー

*マルベリーがブレンドされたハーブティー「浄化」

 

関連記事

  • タイム

  • シベリアンジンセン

  • ジャスミン

  • クローブ

  • ルイボス

  • ネトル