1. TOP
  2. シングルハーブ辞典
  3. シングルハーブ・カ行
  4. ゴボウ

ゴボウ

ゴボウ【国産】 Arctium lappa

さまざまな皮膚病や痛風の改善に血液を浄化するハーブ

ゴボウは日本では野菜として認識されていますが、欧米では主に湿疹や腫れ物、ニキビ、じん麻疹などの皮膚病や痛風などの代謝性疾患に、血液浄化を意図して内用や外用で用いられています。

利尿作用やおだやかな便秘の解消、胆汁の分泌促進にも使われています。

血糖値を下げる作用があることもわかりました。

 

<効能・作用> 

浄血作用:

血液の汚れをきれいにし、皮膚炎やリウマチなどの症状を和らげる。

解毒作用:

体の中の毒素を排出する働き、便秘の解消を助ける。

 

<味と香り> 大地香る飲みやすい味 / ベースハーブ・メディカルハーブ2

<ブレンド相性> シナモンヨモギローズヒップ

ブレンドレシピ【浄化浄血対策】ゴボウルイボスシナモン

*ゴボウがブレンドされたハーブティー「浄活」はこちら

<禁忌事項>

  • 妊娠中の方は摂取をお控えください。
  • キク科アレルギーの方は摂取をお控えください。

 

<学 名>  Arctium lappa

<英 名>  Burdock root

<別 名>  バードック

<和 名>  ゴボウ(牛蒡)

<科 名>  キク科

<分 類>  二年草

<原産地>  ユーラシア大陸

<使用部位> 根部

<主要成分> イヌリン、ミネラル(サポニン、カリウム、リン)、アミノ酸、ポリフェノール類

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と調和した暮らし”をテーマにしたHerb shop&cafe HMCの経営・商品企画、製造・イベント,講座の主催・講演など幅広く活動中。ハーブ・アロマをはじめとする植物療法に20年以上にわたり携わる。フィトテラピーやナチュラルメディスンを暮らしに取り入れやすいメソッドやプロダクトを幅広い世代の方に伝える。

#プロフェッショナルアドバイザーオブハーブ(PAH)#薬膳ハーブインストラクター#チャイルドコーチングアドバイザー#植物療法研究家

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローズレッド

  • ローズマリー

  • ローズヒップ

  • レモンマートル

関連記事

  • レモングラス

  • ジャーマンカモミール

  • ルイボス

  • チェストツリー

  • オリーブ

  • マローブルー