1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・カ行
  4. ゴボウ

ゴボウ

ゴボウ【国産】 Arctium lappa

さまざまな皮膚病や痛風の改善に血液を浄化するハーブ

ゴボウは日本では野菜として認識されていますが、欧米では主に湿疹や腫れ物、ニキビ、じん麻疹などの皮膚病や痛風などの代謝性疾患に、血液浄化を意図して内用や外用で用いられています。

利尿作用やおだやかな便秘の解消、胆汁の分泌促進にも使われています。

血糖値を下げる作用があることもわかりました。

 

<効能・作用> 

浄血作用:

血液の汚れをきれいにし、皮膚炎やリウマチなどの症状を和らげる。

解毒作用:

体の中の毒素を排出する働き、便秘の解消を助ける。

 

<味と香り> 

大地香る飲みやすい味

<ブレンドアドバイス> 

ベースハーブ:ブレンドの味や特徴を決めるベースとなるハーブです。
メディカル2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。

<ブレンド相性> 

シナモンヨモギローズヒップ

ブレンドレシピ【浄化浄血対策】ゴボウ+ルイボスシナモン

<禁忌事項>

  • 妊娠中の方は摂取をお控えください。
  • キク科アレルギーの方は摂取をお控えください。

 

<学 名>  Arctium lappa

<英 名>  Burdock root

<別 名>  バードック

<和 名>  ゴボウ(牛蒡)

<科 名>  キク科

<分 類>  二年草

<原産地>  ユーラシア大陸

<使用部位> 根部

<主要成分> イヌリン、ミネラル(サポニン、カリウム、リン)、アミノ酸、ポリフェノール類

 

<ご購入はこちら>

【国産】ゴボウ

*ゴボウがブレンドされたハーブティー「浄活」

 

関連記事

  • ハイビスカス

  • レモンバーム

  • ペパーミント

  • ジンジャー

  • チコリ

  • エビスグサ(ハブ茶)