1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・ラ行
  4. レモンバーム

レモンバーム

レモンバーム

レモンバーム Melissa officinalis

柑橘系の爽やかな香りで心身をおだやかに調整する

古代ギリシャ・ローマ時代の記録に、ワインに漬け込んだレモンバームを内用や外用で使われていたことが残っています。

レモンバームのハーブティーは緊張からくるヒステリーやパニック、不眠、神経性の胃炎、食欲不振をやわらげ、心身の状態をおだやかに調整してくれます。

もうひとつの特徴は強い抗菌力で、実験ではヘルペスウイルスへの効果も確認されています。

 

<効能・作用> 

鎮静・鎮痙作用:

心身の緊張による神経性胃炎、不安、不眠、偏頭痛、神経痛を和らげる。

抗菌・抗ウイルス作用:

ヘルペスなどに効果。

 

<味と香り>

レモンの香りとほんのり甘み

<ブレンドアドバイス>

メディカルハーブ2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。

<ブレンド相性>

レモングラスレモンマートルスペアミント

ブレンドレシピ【つわり対策】ペパーミントオレンジピール+レモンバーム

<禁忌事項>

特になし

 

<学 名>  Melissa officinalis

<英 名>  Lemon balm

<別 名>  メリッサ

<和 名>  セイヨウヤマハッカ

<科 名>  シソ科

<分 類>  多年草

<原産地>  ブルガリア

<使用部位> 葉部

<主要成分> シトロネラール、ポリフェノール、タンニン、フラボノイド、ロズマリン酸

 

<ご購入はこちら>

レモンバーム

*レモンバームがブレンドされたハーブティー「マタニティ【つわり期】」

 

関連記事

  • アイブライト

  • マルベリー

  • スペアミント

  • マテ

  • レモンピール

  • ダンディライオン