1. TOP
  2. ハーブ辞典
  3. シングルハーブ・ラ行
  4. ラベンダー

ラベンダー

ラベンダー Lavandula angustifolia

乱れた心身を浄化する愛らしい花のハーブティー

清楚な芳香を放つ紫色の花を咲かせ、庭に植える花木としても人気のラベンダー。

語源はラテン語のラワーレ(洗う)に由来します。

古代ギリシャでは、怒りを鎮め体と心を浄化する薬用ハーブとして重用されていました。

ティーは不安や不眠に、入浴剤は自律神経失調症に、チンキ剤は神経痛などに使われています。

 

<効能・作用> 

鎮静作用:

イライラや不安、緊張をとき睡眠障害を緩和する。

鎮痙作用:

ストレスによる神経疲労や自律神経失調症などの症状を和らげる。

 

<味と香り>

フローラルな香りですっきりした味

<ブレンドアドバイス>

トッピングハーブ:ブレンドの味や香りの調整をしてくれるハーブです。
メディカルハーブ2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。

<ブレンド相性>

シナモンジャーマンカモミールリンデン

ブレンドレシピ【冷え性対策】シナモンジャーマンカモミール+ラベンダー

<禁忌事項>

妊娠中の方は大量摂取をお控えください。

 

<学 名>  Lavandula angustifolia

<英 名>  Lavender

<別 名>  ―

<和 名>  ―

<科 名>  シソ科

<分 類>  小低木

<原産地>  地中海沿岸

<使用部位> 花部

<主要成分> 酢酸リナリル

 

<ご購入はこちら>

ラベンダー

*ラベンダーがブレンドされたハーブティー「ウーマンウォーム」

 

関連記事

  • ペパーミント

  • ミルクシスル

  • ハトムギ

  • フェヌグリークシード

  • ハニーブッシュ

  • ラズベリーリーフ