1. TOP
  2. シングルハーブ辞典
  3. シングルハーブ・ハ行
  4. フィーバーフュー

フィーバーフュー

フィーバーフュー Tanacetum parthenium

「奇跡のアスピリン」と呼ばれる偏頭痛に効果的なハーブ

1980年代には、イギリスを中心とした研究により、偏頭痛、光過敏症、吐き気を鎮める効果が科学的に実証されました。

さらに、アレルギー反応につながるヒスタミンの放出を抑える天然の抗ヒスタミン剤といわれ、ハーブティーとしてだけでなく、喘息や花粉症にも用いられています。

 

<効能・作用> 

消炎・鎮痛作用:

リウマチ、関節炎、生理痛などの痛みを和らげる。

喘息や花粉症の症状を緩和する。

血管拡張・抗血栓作用:

偏頭痛、光過敏症、吐き気を緩和する。

摂取するタイミングは、症状の兆候が初めて現れたとき。

 

<味と香り> 強い苦味 / メディカルハーブ1

<ブレンド相性> パッションフラワーリンデンペパーミント

ブレンドレシピ【頭痛対策】パッションフラワーリンデンフィーバーフュー

*フィーバーフューがブレンドされたハーブティー「イライラ・カリカリGood-bye」はこちら

<禁忌事項> 

  • 妊娠中の方は摂取をお控えください。
  • キク科アレルギーの方は摂取をお控えください。

 

<学 名>  Tanacetum parthenium

<英 名>  Feverfew

<別 名>  ―

<和 名>  ナツシロギク(夏白菊)

<科 名>  キク科

<分 類>   多年草

<原産地>  ヨーロッパ

<使用部位> 葉部

<主要成分> ビタミンA・C・B複合体、鉄、カリウム、マグネシウム、苦味質

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と調和した暮らし”をテーマにしたHerb shop&cafe HMCの経営・商品企画、製造・イベント,講座の主催・講演など幅広く活動中。ハーブ・アロマをはじめとする植物療法に20年以上にわたり携わる。フィトテラピーやナチュラルメディスンを暮らしに取り入れやすいメソッドやプロダクトを幅広い世代の方に伝える。

#プロフェッショナルアドバイザーオブハーブ(PAH)#薬膳ハーブインストラクター#チャイルドコーチングアドバイザー#植物療法研究家

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローズレッド

  • ローズマリー

  • ローズヒップ

  • レモンマートル

関連記事

  • ヒース

  • ハトムギ

  • グリーンルイボス

  • エルダーフラワー

  • レディースマントル

  • マルベリー