1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・ラ行
  4. ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフ Rubus idaeus

古くから助産婦が使ってきた出産を助ける女性のハーブ

ヨーロッパでは「安産のためのハーブ」といわれ、助産婦などが出産準備に使っていました。

妊娠後期に飲むと陣痛の痛みを緩和し、出産をサポートするといわれています。

産後に飲めば母体の回復に貢献します。

また、生理痛や月経前症候群にも使われます。

ペパーミントやジンジャーなどのつわり予防のハーブと共に、世界中の妊婦に服用されています。

 

<効能・作用> 

鎮静・鎮痙作用:

子宮筋、骨盤まわりの筋肉に働き、痛みを緩和する。

生理痛、生理前症候群(PMS)の緩和。

収斂作用:

産後の子宮を回復させる。

 

<味と香り>

少し酸味のある紅茶のような味

<ブレンドアドバイス>

ベースハーブ:ブレンドの味や特徴を決めるベースとなるハーブです。
メディカル2:効能があり、禁忌がないまたは少なくブレンドしやすいハーブです。

<ブレンド相性>

レッドクローバージャーマンカモミールチェストツリー

ブレンドレシピ【母乳対策】ジャーマンカモミール+ラズベリーリーフ+チェストツリー

<禁忌事項>

  • 妊娠初期~中期の摂取は控えてください。
    (妊娠後期は安産に効果的なのでおすすめです)
  • 切迫早産の診断がある場合も摂取はお控えください。

 

<学 名>  Rubus idaeus

<英 名>  Raspberry

<別 名>  ―

<和 名>  ヨーロッパキイチゴ

<科 名>  バラ科

<分 類>  低木

<原産地>  ヨーロッパ

<使用部位> 葉部

<主要成分> フラガリン、タンニン、ビタミンB群・C、ミネラル (鉄、カルシウム他)、ペクチン、フラボノイド

 

<ご購入はこちら>

ラズベリーリーフ

*ラズベリーリーフがブレンドされたハーブティー「ミルクup」

 

関連記事

  • ホーリーバジル

  • レモングラス

  • レモンマートルの効果・効能と使い方とは?ハーブティーの入れ方まとめ

  • レディースマントル

  • ローズヒップ

  • スペアミント