1. TOP
  2. シングルハーブ辞典
  3. シングルハーブ・ラ行
  4. ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフ Rubus idaeus

古くから助産婦が使ってきた出産を助ける女性のハーブ

ヨーロッパでは「安産のためのハーブ」といわれ、助産婦などが出産準備に使っていました。

妊娠後期に飲むと陣痛の痛みを緩和し、出産をサポートするといわれています。

産後に飲めば母体の回復に貢献します。

また、生理痛や月経前症候群にも使われます。

ペパーミントやジンジャーなどのつわり予防のハーブと共に、世界中の妊婦に服用されています。

 

<効能・作用> 

鎮静・鎮痙作用:

子宮筋、骨盤まわりの筋肉に働き、痛みを緩和する。

生理痛、生理前症候群(PMS)の緩和。

収斂作用:

産後の子宮を回復させる。

 

<味と香り> 少し酸味のある紅茶のような味 / ベースハーブ・メディカルハーブ2

<ブレンド相性> レッドクローバージャーマンカモミールチェストツリー

ブレンドレシピ【母乳対策】ジャーマンカモミールラズベリーリーフチェストツリー

*ラズベリーリーフがブレンドされたハーブティー「ミルクup」はこちら

<禁忌事項>

  • 妊娠初期~中期の摂取は控えてください。
    (妊娠後期は安産に効果的なのでおすすめです)
  • 切迫早産の診断がある場合も摂取はお控えください。

 

<学 名>  Rubus idaeus

<英 名>  Raspberry

<別 名>  ―

<和 名>  ヨーロッパキイチゴ

<科 名>  バラ科

<分 類>  低木

<原産地>  ヨーロッパ

<使用部位> 葉部

<主要成分> フラガリン、タンニン、ビタミンB群・C、ミネラル (鉄、カルシウム他)、ペクチン、フラボノイド

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と調和した暮らし”をテーマにしたHerb shop&cafe HMCの経営・商品企画、製造・イベント,講座の主催・講演など幅広く活動中。ハーブ・アロマをはじめとする植物療法に20年以上にわたり携わる。フィトテラピーやナチュラルメディスンを暮らしに取り入れやすいメソッドやプロダクトを幅広い世代の方に伝える。

#プロフェッショナルアドバイザーオブハーブ(PAH)#薬膳ハーブインストラクター#チャイルドコーチングアドバイザー#植物療法研究家

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローズレッド

  • ローズマリー

  • ローズヒップ

  • レモンマートル

関連記事

  • スギナ

  • スペアミント

  • ジャスミン

  • レモンマートルの効果・効能と使い方とは?ハーブティーの入れ方まとめ

  • レモンバーベナ

  • マテ