1. TOP
  2. ハーブ事典
  3. シングルハーブ・カ行
  4. ギンコウ

ギンコウ

ギンコウ Ginkgo biloba

毛細血管を丈夫にして脳を活性化する

イチョウは驚くべき生命力を持ち、地球上に2億年も生き続けているため「生きた化石」と呼ばれ、長寿の象徴とされています。

毛細血管を丈夫に保ちます。

ドイツではアルツハイマー型や脳血管型の認知症、めまい、耳鳴りの治療に用いられているイチョウ製剤があります。

さらに血液循環を促進するため、冷え症や糖尿病の合併症予防にも用いられます。

 

<効能・作用> 

血小板活性化因子阻害・血管拡張作用:

毛細血管を丈夫にして、血液の流れを良くする。

認知症、耳鳴り、めまいなどの脳血管神経障害に。

抗酸化作用:

体内の活性酸素を除去する、老化防止。

 

<味と香り>

薄い日本茶のような味

<ブレンドアドバイス>

メディカルハーブ1:薬理効果が高いハーブです。ただし、禁忌がある場合も多いので使用には注意が必要です。

<ブレンド相性>

ローズマリーシナモンシベリアンジンセン

ブレンドレシピ【脳活対策】レモングラス+ギンコウ+ローズマリー

<禁忌事項>

妊婦及び小児の方は摂取をお控えください。

 

<学 名>  Ginkgo biloba

<英 名>  Ginkgo

<別 名>  ギンコ、メイデンヘアツリー

<和 名>  イチョウ(銀杏)

<科 名>  イチョウ科

<分 類>  落葉高木

<原産地>  ―

<使用部位> 葉部

<主要成分> フラボノイド、ケルセチン、プロアントシアニジン、ラクトン、テルペン類

 

<ご購入はこちら>

ギンコウ

*ギンコウがブレンドされたハーブティー「シャキッ!時間」

 

関連記事

  • スペアミント

  • ゴーツルー

  • カルダモン

  • ヒース

  • レモンバーベナ

  • ゴボウ