1. TOP
  2. 基材事典
  3. 基材・カ行
  4. 小麦胚芽オイル(ウィートジャーム油)

小麦胚芽オイル(ウィートジャーム油)

小麦胚芽オイル(ウィートジャーム油)Triticum vulgare 

ビタミンEが豊富なアンチエイジングオイル

小麦の胚芽から取れる小麦胚芽オイルはビタミンEを豊富に含むことで有名です。

酸化しにくく、穀類のやや強い香りがします。

リノール酸のほか、ビタミンAやEを豊富に含み、抗酸化作用や血行促進作用、皮膚や粘膜の保護、皮膚再生、ホルモン分泌促進、自律神経調整といった作用があります。

手足の冷えや加齢肌のケアなどに役立ちます。

粘性が強く使用感が重いため、トリートメントに単独で用いることはほとんどなく、他のオイルに10%前後混ぜて使用します。

ビタミンEの抗酸化作用の働きで、ブレンドオイル自体の持ちを良くする防腐剤的な役割もあります。

 

<香 り>

穀類のやや強い香り

 

<主な使用法>

スキンケアオイル、トリートメントオイルなど

 

<注意事項>

・直射日光を避けて保存

・一度取り出したら元の容器に戻さない

・小麦にアレルギーがある人は使用をお控えください

 

<学 名>  Triticum vulgare

<英 名>  Wheat germ oil

<別 名>  ―

<科 名>  イネ科

<原産国>  中央アジア、西アジア

<抽出部位> 小麦胚芽

<抽出方法> 圧搾法・溶剤抽出法

<主な成分> リノール酸(〜60%)、オレイン酸(〜20%)、ビタミンA、E

 

関連記事

  • カオリン/モンモリオナイト

  • カカオバター

  • キサンタンガム

  • グリセリン

  • コーンスターチ

  • グレープシードオイル