1. TOP
  2. 基材事典
  3. 基材・サ行
  4. 植物性エタノール

植物性エタノール

植物性エタノール

植物性エタノール Vegetable ethanol

植物由来の発酵エタノール

エタノールには大きく分けて2種類の製法があり、サトウキビなどの糖質およびトウモロコシやサツマイモ、ジャガイモなどのデンプン質を原料に、酵母を用いて発酵させて作る「発酵エタノール」と、原油や天然ガスに含まれるエチレンを原料に化学合成によって作る「合成エタノール」があります。

植物性エタノールは「植物性発酵エタノール」ともいい、植物由来の発酵エタノールであり、濃度が88vol%のものや95.1vol%のものなどさまざまあります。

(vol%はアルコール濃度の単位)

有機栽培されたサトウキビから蒸留された、オーガニックエタノールなどもあります。

 

無水エタノールと同様に、手づくりコスメ、植物成分の抽出(チンキ剤)として使用できるほか、約10%の精製水を加えれば器具や容器の除菌、洗浄剤になります。

ただし、植物性エタノールは内用(飲用)には使えません。

薬局やハーブショップなどで取り扱っています。

 

<主な使用法>

各種スプレー、ローション、フレグランス、チンキ剤など

 

<使用上の注意>

・揮発性で燃えやすいので火気のない所で保管する

・直射日光を避け、子どもの手の届かない場所に保管する

・揮発を防ぐため、取り出したらすぐにふたをする

・一度取り出したら元の容器に戻さない

・アルコールに対してアレルギーのある人は、使用をお控えください

 

関連記事

  • スイートアーモンドオイル

  • シアバター

  • 精製水

  • セントジョーンズワートオイル