1. TOP
  2. 基材事典
  3. 基材・カ行
  4. カカオバター

カカオバター

カカオバター Theobroma cacao

カカオ豆の種子から作られた甘い香りの油脂

カカオバターはチョコレートのような甘い香りと保湿効果の高さが魅力。

化粧品やヘアケア製品の原料として広く利用されています。

肌と馴染みやすく蜜蝋(ミツロウ)などと混ぜて使うと柔らかくマイルドな使用感になります。

常温では固形のため、手作り石けんやクリームのかたさの調節にも重宝します。

湯煎して液体にしてから活用します〈30℃以上で融解〉

手のひらで温めると直接肌に用いることもできます。

また、非常に酸化しにくいので長期保存も可能です。

 

<香 り>

チョコレートのような甘い香り

 

<主な使用法>

バーム(軟膏)、リップクリームなど

 

<使用上の注意>

・直射日光を避けて保存

・一度取り出したら元の容器に戻さない

 

<学 名>  Theobroma cacao

<英 名>  Cacao

<別 名>  カカオノキ、ココアノキ

<科 名>  アオイ科

<原産国>  中南米

<抽出部位> 種子

<抽出方法> 圧搾法

<主な成分> オレイン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、ポリフェノール

 

関連記事

  • グリセリン

  • カオリン/モンモリオナイト

  • 小麦胚芽オイル(ウィートジャーム油)

  • グレープシードオイル

  • キサンタンガム

  • カレンデュラオイル