1. TOP
  2. 基材事典
  3. 基材・サ行
  4. セントジョーンズワートオイル

セントジョーンズワートオイル

セントジョーンズワートオイル Hypericum perforatum

薬草として知られ、痛みを和らげる

夏至前後の6月24日「聖ヨハネ(St.johns)の日」近くに開花するため、この名がついたセントジョーンズワート。

古くは魔除けや薬草に利用され、現代でも抑うつの治療にハーブティーやエキスが用いられます。

このセントジョーンズワートの花を植物油に2〜3週間ほど漬け込み、成分を抽出させた浸出油(インフューズドオイル)。

黄色い花から、次第に赤色色素の精油成分(ヒペリシン)が浸み出し、赤いオイルになります。

配糖体を多く含み、鎮静、鎮痛、抗炎症作用が高く、老廃物の排泄を促します。

創傷、火傷の手当てに、またリウマチ、打身、神経痛、顔面ヘルペスなどのケアにも。

単独でも使用できますが、比較的高価なオイルなので、他のオイルに10〜20%の割合でブレンドするとよいでしょう。

 

<香 り>

酸味を帯びたハーブ系の香り

 

<主な使用法>

スキンケアオイル、トリートメントオイルなど

 

<注意事項>

・直射日光を避けて保存

・一度取り出したら元の容器に戻さない

・ヒペリシンは光毒性があるので、敏感肌の人は注意すること

 

<学 名>  Hypericum perforatum

<英 名>  St.john’s Wort Oil

<別 名>  西洋オトギリソウ

<科 名>  オトギリソウ科

<原産国>  ヨーロッパ

<抽出部位> 花・地上部

<抽出方法> 浸出法

<主な成分> ヒペリシン

 

関連記事

  • 精製水

  • 植物性エタノール

  • シアバター

  • スイートアーモンドオイル