1. TOP
  2. 基材事典
  3. 基材・サ行
  4. シアバター

シアバター

シアバター Butyrospermum parkii

アフリカのサバンナで育ったシアの木の恵み

シアバターはアカテツ科の植物、シアの木の種子の中にある仁から得られる植物性油脂で、カリテバターとも呼ばれます。

常温では固体ですが、かたくはないので、単独でクリームのように使用することも可能。

手のひらにとって皮膚につけると体温で溶けます。

ステアリン酸とオレイン酸、ビタミンEを含み、肌なじみがよいので潤いを保つとともに、乾燥や紫外線から肌や髪を守る働きがあります。

加齢による肌の衰えに働きかけ、シワを目立たなくさせる力を持つといわれます。

シアバターは酸化しにくい安定した脂肪分で肌に安全です。

 

<香 り>

やや甘い個性的な香り

 

<主な使用法>

ボディクリーム、リップクリーム、ハンドクリーム、手づくり石けんなど

 

<使用上の注意>

・直射日光を避けて保存

・一度取り出したら元の容器に戻さない

 

<学 名>  Butyrospermum parkii

<英 名>  Shea butter

<別 名>  シアバターノキ

<科 名>  アカテツ科

<原産国>  ガーナ、ブルキナファソ、ナイジェリア

<抽出部位> 種子(仁)

<抽出方法> 圧搾法

<主な成分> ステアリン酸、オレイン酸、トコフェロール、カロチノイド、トリテルペン

 

<ご購入はこちら>

オーガニックシアバター

 

関連記事

  • 精製水

  • スイートアーモンドオイル

  • 植物性エタノール

  • セントジョーンズワートオイル