1. TOP
  2. 基材事典
  3. 基材・ハ行
  4. 芳香蒸留水

芳香蒸留水

芳香蒸留水 Herbal water

精油を作る際にできる精油成分が微量に含まれる蒸留水

水蒸気蒸留法で精油を作る際にできる、精油成分が微量に含まれる香りのする蒸留水。

芳香蒸留水やフローラルウォーター、ハーバルウォーター、ハイドロゾルと呼ばれます。

精油は肌に直接用いることはできませんが、芳香蒸留水は化粧水のように手軽にそのまま使用できます。

精油よりも作用がおだやかで、肌の弱い人や子どもでも安心して使うことができます。

基材として精油と合わせて使うと、よりいっそう高い美肌効果が期待できます。

蒸留水をそのままパッキングしているハーブ系(ラベンダー、カモミールなど)の芳香蒸留水は、植物の野性味あふれる青っぽい香りをしています。

これは植物に含まれる水溶性芳香成分(有効成分)本来の香りです。

フローラル系(ローズ、ネロリなど)の芳香蒸留水は、比較的精油に近い香りをしています。

手づくりコスメの基材として使用するほか、ヘアケアや入浴剤、ルームスプレー、リネンウォーターとして使用するなど様々な使い方があります。

 

<主な使用法>

化粧水、ジェル、クレイパック、石けんなど

 

<使用上の注意>

・劣化しやすいため、冷蔵庫で保管

・開封後は1ヶ月以内に使用

・一度取り出したら元の容器に戻したり、他の容器に移して保存したりしない

 

<ご購入はこちら>

HMCハーバルウォーター

関連記事

  • ホホバオイル

  • ハチミツ