1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・ア行
  4. イランイラン<精油>

イランイラン<精油>

イランイラン Cananga odorata

熱帯の花の甘く濃厚な香りは心身を緊張から解き放つ

強く温かみのあるエキゾチックな花の香りは、古くから気持ちを高揚させ、官能的でロマンティックなムードを高める媚薬としても知られています。

多くの有名なオリエンタル調またはフローラル調の香水がイランイランを使っており、ブレンドに独特の華やかさを与えています。

気分が落ち込んだり、パニックや不安感におそわれたとき、穏やかに心を解き放ちます。

緊張状態が長く続き、表情までもこわばってしまったときに気持ちを緩めてくれます。

ストレス性の胃炎などの痛みや月経痛の緩和にも役立ち、動悸や過呼吸を鎮め、血圧を下げ、副交感神経を優位にします。

 

<作 用>

血圧降下、降圧、抗うつ、抗炎症、神経強壮、鎮痙、鎮静、鎮痛、皮脂調整、精神高揚、ホルモン活性

 

<適 用>

こころに 神経をリラックスさせて、気持ちを落ち着かせる

からだに ホルモンバランスを調整し、生理前の緊張を緩和

美容に  キャリアオイルで薄めてシャンプー後に頭皮にすり込むと、頭皮を活性化しダメージヘア防止に

 

<香 り>

ベースノート / エキゾチックオリエンタル系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、樹脂系、スパイス系

ブレンドするとトロピカルフルーツとスパイスの混ざった独特の香りを添えたり、やさしい雰囲気になります

<注意事項>

血圧を下げる作用と鎮静作用があるので、低血圧の人には眠気やだるさを引き起こす可能性があります

※香りが強く、頭痛を誘発する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用します

 

<学 名>  Cananga odorata

<英 名>  Ylang Ylang

<別 名>  ―

<科 名>  バンレイシ科

<原産国>  インドネシア

<抽出部位> 花部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> ゲルマクレンD(〜25%)、α-ファルネセン(〜15%)、β-カリオフィレン、リナロール、酢酸ゲラニル、安息香酸ベンジル、酢酸ベンジル、酢酸ファルネシル、アンスラニル酸メチル、ファルネソール

 

<ご購入はこちら>

イランイラン<精油>

 

関連記事

  • オレンジスイート<精油>