1. TOP
  2. 無料ハーブマイスター講座
  3. 陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで秋の養生、過ごし方」

陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで秋の養生、過ごし方」

日本は四季の移り変わりが美しい国です。

立秋(8/7頃)から立冬(11/6頃)までの3か月間は秋。

万物が実を結ぶ、収穫の季節です。

朝晩の冷え込みが大きくなり、空気が乾燥するこの時期は風邪を引きやすいとき。

  • 喉がイガイガして痛い
  • 空咳が長引いてしまう
  • 肌が乾燥して痒い
  • このところ便秘気味

…などの不調に悩まされていませんか。

自然界とからだのリズムは深く関わり合っていて、季節を通じて変化していきます。

このからだの変化・対応には体内の五臓五腑の働きがとても重要です。

五臓五腑をいたわり秋には秋に合わせたハーブティーやアロマで、健康に過ごすことができること知ってましたか。

陰陽五行に基づいて、秋に合わせた「ハーブティーやアロマで養生するやり方」をご紹介します。

秋の六節気

陰陽五行の「木火土金水」は季節も表し、春は木・夏は火・秋は金・冬は水、と真ん中に土用があります。

暦では春夏秋冬の季節の変わり目ごとに土用が置かれます。

二十四節気(にじゅうしせっき)は、一年を春夏秋冬の四つの季節に分け、さらにそれぞれを六つに分けたものです。

旧暦では秋は下記のように六つの節気になります。

立秋(りっしゅう)

新暦で8月7日から8月22日頃

秋のはじまり。涼しい風が吹き始め、日暮れにひぐらしが鳴き始めます。

処暑(しょしょ)

新暦で8月23日から9月7日頃

ようやく暑さがとまる、おさまる頃。稲が実り、穂を垂らします。

二百十日(にひゃくとおか)は立春から数えて210日目の雑節で、嵐がくると言われている。

白露(はくろ)

新暦で9月8日から9月22日頃

葉に露が結ばれる。朝夕の涼しさが際立ってくる頃。セキレイが鳴き始めます。

秋分(しゅうぶん)

新暦で9月23日から10月7日頃

秋のちょうど真ん中。昼と夜の長さがほぼ同じになります。

虫たちが土にもぐり、冬ごもりの支度をする頃。稲刈りの準備が始まります。

寒露(かんろ)

新暦で10月8日から10月22日頃

空気がどんどん澄んでくる頃。寒さがつのる。菊の花が咲き始めます。

重陽の節句の時期。

霜降(そうこう)

新暦で10月23日から11月6日頃

霜が降りて、ひと雨ごとに気温が下がります。時雨が降るようになり楓や蔦が色づく頃。

秋土用の時期。

五臓五腑に対応するからだの機能 秋は「肺金」

五行では、あらゆるものが五元素の性質を持ち、その中でもからだの機能やこころの状態、自然の摂理は密接に結び付いています。

からだの機能では五臓・五腑・五官など様々なものを意味します。

秋は「金」に属し、「肺・大腸・呼吸器・鼻・皮毛」の働きが活発になる時期です。

また秋は「肺金(はいきん)と呼ばれます。

こころの状態、五志は「憂・悲」。悲しみの感情に流されやすい時期。

深い呼吸で、リラックスすることを心掛けます。

秋に分類される五味五食 秋は「白」

春夏秋冬土用の五つの季節は、五つの色や味、食材に分類されます。

秋は「白・辛味」肺の働きを助けバランスを取るためには、白い食材・辛味のある食材が効果的です。

この時期は白い大根、蓮根、白きくらげ、びわ、みかん、ねぎ、生姜、唐辛子、発酵食品(味噌・醤油)などを摂るといいとされます。

五行思想 秋の基本的な養生法

自然を感じ、自然を味わいながら、その季節に合わせた暮らしかたをすることで、こころとからだを健やかに保ちます。

秋にはどのようなことを心がけ、体調管理をしたらいいのでしょう。

秋の空は晴れて高く感じられ、空気は爽やかですが、雨が少なく乾燥した日が続きます

昼夜の気温差が大きく風邪を引きやすい秋の養生として、

「朝は少しだけ早く起き、陽気をからだの中に取り入れるようにし、夜は早く寝て気を養う」ようにします。

秋はすべてが引き締まり、収納される時期で、陽気も体内深く収納されます。

陰陽でいうと秋と冬は陰に属し、陰の気が降りてくると気持ちも落ち着いてきます。

夏の疲れを癒し、これからやってくる冬の厳しい寒さに備えて、パワーを蓄えていく時季です。

のんびりと静かに過ごしましょう。

秋に合わせたからだ作りのためのハーブティー

からだと自然とのバランスをとるためにハーブは役立ちます。

秋は「肺」の機能が活発になる反面、弱りやすくもなります。

外気に直接触れる鼻や喉、皮膚は乾燥し、潤いを失います。

また乾いた空気を吸い込むと肺を傷め、咳や痰が出て、風邪など感染症に罹りやすく。

肺・大腸などの働きを助けるハーブティーで呼吸器系や粘膜を潤し、腸内環境を整え、乾燥による便秘を解消します。

温かいハーブティーや肺を潤す食材などで、水分を補いましょう。

肺を潤すと肌も潤います。

肺を丈夫にするために、自然の中へ出掛け、キレイな空気の中で深呼吸をします。

秋は水分をよく補い、少し汗ばむくらいの軽い運動でからだの免疫力をアップすることが大切です。

秋のケアにおすすめのシングルハーブティー

ひとつのハーブの中にも様々な成分があり、またその組み合わせによって体質改善の効果を生み出します。

気になるものを組み合わせてみたら、相乗効果があったり、自分だけのオリジナルティーができるかもしれません。

風邪の引き始めに〜鼻や喉の痛み、しつこい咳に〜

シナモン

タイム

ペパーミント

マローブルー

リコリス

からだに潤いを〜肌の乾燥、かゆみに〜

ジャーマンカモミール

マリーゴールド

マローブルー

ローズヒップ

腸内環境を整える〜水分不足による便秘に〜

オレンジピール

フェンネル

ローズヒップ

気のめぐりを良くして免疫アップ〜夏の疲れに〜

エキナセア

オレンジピール

ジャーマンカモミール

ジンジャー

ハトムギ

ペパーミント

ホーリーバジル

ローズヒップ

ホルモンバランスを整える〜エイジングケアに〜

チェストツリー

ハニーブッシュ

秋に合わせたからだ作りのためのアロマ

空気が乾燥して、1日の寒暖差が大きい時季です。

風邪やインフルエンザなどの感染症の予防や対策にアロマを活用してみませんか。

部屋の殺菌にディフューザーで使用したり、風邪の引き始めや喉の痛みに蒸気吸入すると効果的です。

殺菌作用や抗炎症作用のあるティートゥリーユーカリがおすすめ。

蒸気吸入で喉を殺菌

洗面器に熱湯を入れ、アロマを5〜6滴落として、バスタオルをかぶってゆっくりと蒸気を吸入します。

熱湯からの蒸気とアロマ両方の殺菌作用で喉を消毒します。

風邪の引き始めに効果的です。5分ほど行います。

小さな子どもや喘息の方には向きません。

ティートゥリーユーカリにレモンやベルガモットを入れても。

うがいで喉の炎症や痛みを軽減

ブレンド材料

コップに水を150mlほど入れ、ブレンドを小さじ1杯入れたらよく混ぜ、何回かに分けてうがいします。

ブレンドの保存期間は1年です。水に混ぜたらすぐに使用してください。

まとめ

陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで秋の養生、過ごし方」はいかがでしたか。

夏の陽の気から、秋の陰の気に移り変わっていくこの時季には、気温も日に日に下がり空気は乾燥していきます。

木々や木の葉も色づいて、どこからともなく金木犀の香りが漂ってくると秋を感じるものです。

夕焼け雲を眺めていると、訳もなく物悲しくなったりします。

「秋はこころを養生する」と言われていますが、気の流れを高めて、憂鬱な気分を解消することも大切。

自然の中で散歩したり、温かいハーブティーを飲みながら、静かな場所でゆっくり読書もいいですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と調和した暮らし”をテーマにしたHerb shop&cafe HMCの経営・商品企画、製造・イベント,講座の主催・講演など幅広く活動中。ハーブ・アロマをはじめとする植物療法に20年以上にわたり携わる。フィトテラピーやナチュラルメディスンを暮らしに取り入れやすいメソッドやプロダクトを幅広い世代の方に伝える。

#プロフェッショナルアドバイザーオブハーブ(PAH)#薬膳ハーブインストラクター#チャイルドコーチングアドバイザー#植物療法研究家

この人が書いた記事  記事一覧

  • ハーブティーやアロマで乾燥肌対策しましょう!肌荒れにも効果!

  • 陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで冬の養生、過ごし方」

  • もしかしたら秋バテかも?ハーブで夏の疲れをリセットして冬仕度を始めましょう

  • 妊婦さんをしっかりサポート!妊娠中・授乳中の体調管理におすすめのハーブティー

関連記事

  • 陰陽五行思想について

  • 陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで土用の養生、過ごし方」

  • 陰陽五行における「長夏」を快適に過ごすには

  • 陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで夏の養生、過ごし方」

  • ハーブの基礎講座2

  • 陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで冬の養生、過ごし方」