1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・ハ行
  4. ベチバー<精油>

ベチバー<精油>

ベチバー Vetiveria zizanioides

大地を思わせるスモーキーな自然の香り

ベチバーは他のイネ科と異なり、根が採油原料で、生育2〜3年のものを使います。

草はススキに似て、細く長く2mにもなり、多数集まって大きな株を作ります。

香料の代表的な保留剤で、さまざまなコロンに使われています。

時間が経つとさらに熟成されよい香りになる精油で、少量ブレンドすることで洗練された香りが楽しめます。

穏やかで安らかな香りは、不安からくる不眠症を改善します。

免疫系を刺激して、内分泌腺と血液循環を活性化するので、風邪を引きやすくなったり、疲れが取れないと感じるときに最適です。

保湿作用に優れ、ドライスキンやシワを改善します。

 

<作 用>

強壮(循環器)、抗感染、鎮静、通経、保湿、免疫刺激

 

<適 用>

こころに 鎮静作用があるので、ストレスを解消したり、緊張を解くのに効果的

からだに 身体の各部に酸素を運ぶ赤血球を強化し、体力を回復する

美容に  抗菌作用があるため、ニキビにはフェイシャルスチームが有効

 

<香 り>

ベースノート / ハーブ系(エキゾチックオリエンタル系)

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

揮発性は低いですが、濃縮された強い香りなので、入れすぎないこと

<注意事項> 

特になし

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用します

 

<学 名>  Vetiveria zizanioides

<英 名>  Vetiver

<別 名>  ―

<科 名>  イネ科

<原産国>  インドネシア

<抽出部位> 根部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> クジモール(〜14%)、ベチセリネノール、ビシクロベチベロール、トリシクロベチベノール、α-カジノール、α-ベチボン、β-ベチベネン、β-オイデスモール、クゼニック酸、β-ベチスピレン、ベチベノン、ベチベン、酢酸ベチベリル、ベチベン酸

 

関連記事

  • フランキンセンス<精油>

  • ペパーミント<精油>

  • フェンネルシード<精油>

  • バーチスイート<精油>

  • ベルガモット<精油>