1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・タ行
  4. ティートゥリー<精油>

ティートゥリー<精油>

ティートゥリー Melaleuca alternifolia

爽やかでメディシナルな香りのオーストラリアの万能薬

オーストラリアの大地に生えるティートゥリーは、遠く離れた場所からでも香るほど鮮烈な香りを放つ樹木です。

古くから原住民のアボリジニがユーカリプタスとともに使用してきました。

「ティー」という名がついた由来は、原住民がこの葉をハーブティーとして楽しんでいたためと言われています。

精油は抗菌効果が高く、オーストラリアでは歯磨き粉やマウスウォッシュなどに活用されています。

喉の痛みや風邪の引き始めには蒸気吸入や入浴で使用します。

吹き出物やニキビの予防には綿棒に一滴たらし、患部に直接ぬります。

免疫刺激、強壮のためにも使用することができます。

 

<作 用>

抗ウイルス、抗寄生虫、抗菌、抗真菌、強壮、去痰、循環促進、創傷治癒、免疫調整、リンパ刺激

 

<適 用>

こころに 精神を安定させ元気づけ、ショックから立ち直らせる

からだに ・免疫力を強化し病気に対する抵抗力を高める

     ・喉の腫れや筋肉痛には蒸気吸入や患部のマッサージが有効

     ・軽いやけどには綿棒に一滴垂らして患部に直接塗る

     ・抗菌作用があるのでフットバスに使うと水虫などに効果的

美容に  ・頭皮のフケやかゆみを緩和

     ・ニキビには綿棒に必ず一滴だけ垂らして直接塗ると効果的

 

<香 り>

トップノート / ウッディ系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、ウッディ系、樹脂系、

爽やかな森の香りを演出したいときや、メディシナルな香りが好まれる用途のブレンドに

<注意事項>

特になし

 

<学 名>  Melaleuca alternifolia

<英 名>  Tea Tree

<別 名>  ―

<科 名>  フトモモ科

<原産国>  オーストラリア

<抽出部位> 葉部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> テルピネン-4-オール(〜48%)、γ-テルピネン、1,8-シネオール、テルピノレン、α-ピネン、サビネン、ミルセン、リモネン、α-テルピネオール

 

<ご購入はこちら>

ティートゥリー<精油>

 

関連記事

  • もしかしたら秋バテかも?ハーブで夏の疲れをリセットして冬仕度を始めましょう

  • クロモジ

  • 簡単!虫よけハーブ・アロマスプレーとおすすめハーブアイテムの作り方まとめ

  • ローマンカモミール<精油>

  • スペアミント

  • レモンマートル