1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・サ行
  4. サンダルウッド<精油>

サンダルウッド<精油>

サンダルウッド

サンダルウッド Santalum album

心静かに過ごしたいときに心地いい空間を作るエキゾチックな香り

日本で白檀(ビャクダン)と呼ばれるサンダルウッドの木から抽出される、お香や線香としてなじみ深い香りです。

この木は絶滅危惧種で、現在では主に精油を蒸留するために使用されています。

インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、万能薬として重宝されており、中国でも伝統的な漢方薬として利用されてきました。

皮膚にやさしく穏やかで持続する香りは、魅力的でさまざまな使い方がされています。

心身ともに熱を冷まし、心地よい状態を作り上げる効果があるため、不安な気持ちやストレスを和らげます。

スキンケアでは、保湿、小じわの改善、抗炎症、皮膚再生、かゆみの軽減に使用されます。

瞑想、ヨガのクールダウンにも最適です。

リラックスしながらも深い精神集中を導きます。

 

<作 用>

鬱血除去、強心、神経強壮、鎮静

 

<適 用>

こころに ・心を落ち着かせて、情緒を安定させる働きを持つ

     ・不安感を抱いたり落ち込んだりした時、気持ちを和らげ楽にしてくれる

からだに ・免疫系を強くし、泌尿器系の感染症などに対する抵抗力を高める

     ・喉の炎症や咳には、蒸気吸入または胸部やのどのマッサージが有効

美容に  荒れた乾燥肌の改善や肌の老化防止に効果的

 

<香 り>

ベースノート / ウッディ系(エキゾチックオリエンタル系)

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、スパイス系

穏やかで長く続く印象深い香り

<注意事項> 

特になし

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用します

 

<学 名>  Santalum album

<英 名>  Sandalwood

<別 名>  白檀(びゃくだん)

<科 名>  ビャクダン科

<原産国>  インド

<抽出部位> 幹・根部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> <マイソール>α-サンタロール(〜60%)、β-サンタロール(〜30%)、ヌシフェロール、epi-β-サンタロール、α-trans-ベルガモトール、サンタラール、ランセオール、サンタレン、スピロサンタロール

 

関連記事

  • スペアミント<精油>

  • サイプレス<精油>

  • ジャーマンカモミール<精油>

  • ジャスミン<精油>

  • シダーウッド・アトラス<精油>

  • シトロネラ<精油>