1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・ナ行
  4. ネロリ<精油>

ネロリ<精油>

ネロリ Citrus aurantium

忙しい日々を送るワーキングウーマンの強い味方

ネロリはビターオレンジの花からとれる精油で、大量の花から、ほんの少量しか抽出できないため、大変貴重で高価な精油のひとつです。

ローズより軽いフローラルな香りで香水作りには欠かせません。

ネロリの名前は、イタリアのネロラ公国の公妃が愛用していたことに由来しています。

不安を鎮め、心を穏やかにするために大変効果的で、対人関係などのストレスに疲れた心を癒してくれます。

皮膚細胞の成長を促進する作用があるため、スキンケアにもおすすめです。

妊娠線予防にはアーモンドオイルやホホバオイルにブレンドしてマッサージします。

 

<作 用>

血圧降下、抗うつ、抗炎症、消化促進、神経強壮、鎮静、鎮痛、皮膚再生

 

<適 用>

こころに 不安感やショック、ストレスなどを和らげる働きがあり、神経をリラックスさせ、眠りを誘う作用がある

からだに 痙攣を鎮める作用があるので、生理前の緊張を和らげる

美容に  皮膚細胞の再生を促進し老化を防止する(妊娠線の予防にも)

 

<香 り>

ミドルノート / フローラル系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

甘味の強いアブソリュート類との相性がよく、フローラルブーケの華やかな香りを演出します。ローズマリーやパインのような森林調の精油とブレンドするとやさしいニュアンスを出してくれます。

<注意事項>

特になし

※リラックス効果が高いので、集中力が必要な時は使用を避ける事

 

<学 名>  Citrus aurantium

<英 名>  Neroli

<別 名>  ―

<科 名>  ミカン科

<原産国>  地中海沿岸

<抽出部位> 花部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> リナロール(〜50%)、β-ピネン、酢酸リナリル、リモネン、ネロリドール、α-テルピネオール、ゲラニオール、酢酸ゲラニル、ファルネソール

 

<ご購入はこちら>

ネロリウォーター

 

関連記事

  • ジャーマンカモミール<精油>

  • 保護中: ハーブマイスター養成講座 第1回 ハーブの基礎知識1

  • ローズアブソリュート<精油>

  • イランイラン<精油>

  • エルダーフラワー

  • マローブルー