1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・マ行
  4. メリッサ(レモンバーム)<精油>

メリッサ(レモンバーム)<精油>

レモンバーム

メリッサ(レモンバーム) Melissa officinalis

デリケートな精神状態をいやす濃厚なレモンに似た香り

古くは養蜂植物として重要とされたメリッサは、ギリシャ語で「蜂蜜」です。

小さなシソ科の植物ですが、レモンのような香りがあります。

栽培は比較的容易でよく育ちますが、精油含有率が極端に低く、希少で高価な精油です。

安価なメリッサ精油は似た香りのレモングラス、シトロネーラなどが使用されている場合もあるので注意が必要です。

躁鬱状態、デリケートな神経の時にバランスをとり、ショック時の不眠や緊張に効果的です。穏やかなトリートメントや入浴がおすすめ。

1%までに希釈して使用することにより、優れた抗アレルギー効果を示します。

花粉症には吸入のブレンドに、じんましんや皮膚炎には1〜2滴を冷湿布か軟膏に入れて使用します。

 

<作 用>

血圧降下、抗うつ、抗ウイルス、抗炎症、抗真菌、抗ヒスタミン、子宮強壮、消化促進、神経強壮、鎮静、鎮痛、鎮痙

 

<適 用>

こころに リラックス効果で、悩みやパニック状態にある人を落ち着かせる

からだに 感情の乱れを原因とした生理不順、生理痛、不眠、消化器系の不調に

 

<香 り>

ミドルノート / 柑橘系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

ほとんどすべての精油と好相性。

香りが強く希少で高価な精油で、皮膚刺激があり、少量で作用を発揮するため、少量をブレンドすれば十分です。

<注意事項> 

皮膚刺激

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用します

 

<学 名>  Melissa officinalis

<英 名>  Melissa

<別 名>  ビーバーム、バームミント

<科 名>  シソ科

<原産国>  地中海沿岸

<抽出部位> 花・葉部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> ゲラニアール(〜25%)、ネラール、シトロネラール、β-カリオフィレン、ゲルマクレンD、カリオフィレンオキシド、リナロール、ゲラニオール、オシメン、酢酸ネリル、酢酸ゲラニル、シトロネロール

 

関連記事

  • マージョラム・スイート<精油>

  • ミルラ<精油>