1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・マ行
  4. マージョラム・スイート<精油>

マージョラム・スイート<精油>

マージョラム・スイート Origanum majorana

樟脳(ショウノウ)に似た温かみのある香りは神経をリラックスさせる

古代ギリシャ・ローマ時代には、神の力が宿った「幸せを象徴するハーブ」と呼ばれていました。

古くから薬草として広く使われており、死者の魂の平安を願い墓地に植えたり、新郎新婦の頭にマジョラムの花冠をのせる風習もあったそうです。

穏やかで軽くスパイシーな薬草の香りは、心身のこわばりを温めて緩和する効果があります。

慢性の肩こりや腰痛、頭痛を軽減したり、風邪の引きはじめには吸入が効果的です。

冷えの改善には、ぬるめのお湯に全身浴でゆったり入るアロマバスがおすすめ。

「眠りのための香り」としてラベンダーと並び有名です。

 

<作 用>

鬱血除去、血圧降下、血管拡張、抗炎症、抗菌、催眠、消化促進、自律神経調整、神経強壮、鎮咳、鎮痙、鎮静、鎮痛、通経

 

<適 用>

こころに 神経をリラックスさせ、穏やかな気持ちにさせる作用がある

からだに ・血液の循環をスムーズにし、身体を温める作用があるので、
      スポーツ後の筋肉痛をほぐす働きがある

     ・生理痛や便秘などは腹部のマッサージが有効

 

<香 り>

ミドルノート / ハーブ系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

マンダリン、ネロリ、バジル、ゼラニウム、フランキンセンスと好相性

<注意事項>

低血圧、眠気を催す可能性

 

<学 名>  Origanum majorana

<英 名>  Marjoram Sweet

<別 名>  マヨナラ

<科 名>  シソ科

<原産国>  スペイン

<抽出部位> 花・葉部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> テルピネン-4-オール(〜25%)、γ-テルピネン、cis-ツヤノール、サビネン、α-テルピネン、テルピノレン、パラシメン、リナロール、β-カリオフィレン、δ-ガジネン、酢酸リナリル、酢酸ゲラニル

 

<ご購入はこちら>

マージョラム・スイート<精油>

 

関連記事

  • メリッサ(レモンバーム)<精油>

  • ミルラ<精油>