1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・ラ行
  4. レモンバーベナ(ベルベーヌ)<精油>

レモンバーベナ(ベルベーヌ)<精油>

レモンバーベナ(ベルベーヌ) Lippia citriodora

リフレッシュとリラックスの相反した作用を併せ持つ

レモンの香りのする尖った長細い葉がつき、白い小さな花が咲きます。

かつては宴会場のフィンガー・ボールにレモンの香りを添えることを目的に使われていました。

南フランスではレモンバーベナのティザン(ハーブティー)は不眠症のために就寝前に飲むほか、出産の2週間前から飲むと安産が期待できるといわれています。

メリッサ(レモンバーム)と同じように、精神不安、神経の緊張、また更年期等による不眠にも効果的です。

1%以下に希釈して使用することにより、炎症を鎮めて皮膚を滑らかに整えます。

ボディローションや石鹸に使います。

 

<作 用>

抗うつ、抗炎症、抗不安、子宮強壮、消化促進、鎮静、鎮痛、疲労回復、利尿

 

<適 用>

こころに 気分を明るくストレスを癒し、不安感からくる不眠症を改善する

からだに 吐き気や消化不良など胃腸の症状を整える

 

<香 り>

トップノート / 柑橘系

<ブレンド相性>

ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

エレミ、イランイラン、ローズマリー、フランキンセンスなどの多くの精油と好相性。

<注意事項> 

皮膚刺激。敏感肌の人や幼児には使用しないこと

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用する。

 

<学 名>  Lippia citriodora

<英 名>  Lemon Verbena

<別 名>  ―

<科 名>  クマツヅラ科

<原産国>  南アメリカ

<抽出部位> 葉部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> ゲラニアール(〜40%)、ネラール(〜30%)、リモネン、ジンギベレン、ゲルマクレンD、カリオフィレンオキシド、サビネン、β-カリオフィレン、オシメン、クルクメン、スパツレノール、1,8-シネオール

 

関連記事

  • ローマンカモミール<精油>

  • ローズウッド<精油>

  • ローズアブソリュート<精油>

  • レモン<精油>

  • ローズマリー<精油>

  • レモングラス<精油>