1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・ラ行
  4. レモン<精油>

レモン<精油>

レモン Citrus limon

フレッシュでシャープな香りは仕事や勉強の集中力をアップ

柑橘系フルーツの代表ともいえるレモンの皮の精油です。

爽やかでシャープな香りはリフレッシュに最適。

仕事や受験勉強などで、集中力が鈍った時に気持ちをシャキッとさせます。

また、からだをいろいろな感染から守る白血球の働きを刺激する力もあり、傷を治したり、感染症の予防を促すといわれています。

熱湯を入れたティーカップに1、2滴垂らして、室内の空気の洗浄にも使えます。

血液とリンパの循環を促進し、老廃物の排出を促すので、脚のむくみや冷えにマッサージ用のブレンドに加えると効果的です。

口内炎や歯肉炎には、コップ半分ほどの水に1、2滴よく混ぜてからうがいをします。

 

<作 用>

肝臓刺激、強壮、抗ウイルス、抗炎症、抗菌、抗リウマチ、殺菌消毒、循環促進、消化促進、食欲増進、収れん、鎮痙、鎮静

 

<適 用>

こころに 疲れた頭と精神をリフレッシュさせ、集中力や記憶力を高める

からだに ・抗菌作用により風邪や咳、喉の腫れなどを緩和する

     ・胃腸の働きを活発にし、食欲を増進させる

美容に  ・脂性の髪には洗面器のお湯に一滴たらしてリンスすると効果的

     ・セルライトにはマッサージが有効

 

<香 り>

トップノート / 柑橘系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

ほとんどすべての精油と好相性。

爽やかでシャープな酸味と軽い苦味がブレンドを引き締めます。

<注意事項> 

光感作、皮膚刺激

使用後6時間は直射日光を避ける。

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用する。

 

<学 名>  Citrus limon

<英 名>  Lemon

<別 名>  ―

<科 名>  ミカン科

<原産国>  南インド

<抽出部位> 果皮

<抽出方法> 圧搾法、水蒸気蒸留法

<主な成分> d-リモネン(約70%)、β-ピネン、γ-テルピネン、α-テルピネオール、ゲラニアール、ネラール、サビネン、β-ビサボロール、ベルガプテン、ベルガプトールなど

 

関連記事

  • レモングラス<精油>

  • レモンバーベナ(ベルベーヌ)<精油>

  • ローズマリー<精油>

  • ローズアブソリュート<精油>

  • ラベンダー・トゥルー<精油>

  • ローマンカモミール<精油>