1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・サ行
  4. ゼラニウム<精油>

ゼラニウム<精油>

ゼラニウム Pelargonium graveolens

バラのようなグリーン調の香りで心身のバランスを回復

センティッドゼラニウムという葉が香る200種類もの植物です。

ローズ、レモン、ペパーミント、チョコレートなどさまざまな種類があります。

ローズゼラニウムはバラの香りを思わせ、中世ヨーロッパでは家に魔物が入らないように玄関先に植えました。

リンパ系や肝臓、腎臓の強壮作用があるため、ブレンドして解毒や引き締めのためのトリートメントに使用すると効果的です。

スキンケアや皮膚トラブルに広く使用できます。

心身の緊張による情緒不安定やホルモンバランスによるトラブル(更年期のうつや月経前症候群)にも効果があります。

虫よけ効果もあるので、アウトドアではレモングラスとブレンドしたエアーフレッシュナ-がおすすめ。

 

<作 用>

強壮(肝臓、腎臓、膵臓)、抗うつ、抗炎症、抗菌、抗真菌、昆虫忌避、収れん、調整(ホルモン、皮脂、心理)、瘢痕形成、皮膚再生、リンパ強壮

 

<適 用>

こころに 高ぶった神経を鎮め、落ち込んだ気持ちを明るくするなど感情を整える

からだに 利尿作用があるので、足などのむくみに効果的

美容に  ・皮脂分泌のバランスを整える作用があり、
      乾燥した肌にもニキビのある肌にも効果的

     ・洗面器に一滴たらして髪をリンスすると、オイル分のバランスを調整する

 

<香 り>

ミドルノート / フローラル系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

やや強く主張するので、少なめに使用するとバランスを取りやすい

<注意事項>

特になし

 

<学 名>  Pelargonium graveolens

<英 名>  Geranium

<別 名>  ローズゼラニウム

<科 名>  フウロソウ科

<原産国>  南アフリカ

<抽出部位> 葉部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> シトロネロール(〜50%)、ゲラニオール(〜20%)、リナロール、蟻酸シトロネリル、イソメントン

 

<ご購入はこちら>

ゼラニウム<精油>

 

関連記事

  • シダーウッド・アトラス<精油>

  • シトロネラ<精油>

  • サンダルウッド<精油>

  • ジャスミン<精油>

  • スペアミント<精油>

  • ジャーマンカモミール<精油>