1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・サ行
  4. サイプレス<精油>

サイプレス<精油>

サイプレス Cupressus sempervirens

森林浴を思わせる心を引き締める香り

地中海沿岸に生える糸杉から取れる精油で、松やヒノキにも似たリフレッシュさせる香りです。

古代エジプトやギリシャ、ローマなどでは聖なる木として崇拝され、文化や宗教と密接に関わってきました。

地中海に浮かぶキプロス(サイプレス)島の名もこの木にちなんだもので、現代でも墓地によく植えられています。

優れた収れん作用は、むくんだり、重く疲れた脚にマッサージすると循環を促進します。

また更年期の異常発汗などにも効果的なので、お風呂に2~3滴落として入浴して下さい。

エストロゲン様作用があるので、更年期や月経不順にも効果的です。

脂性肌にはフェイシャルスチームで使うのがおすすめ。

デオドラントの効果も期待できます。

咳や気管支炎などの呼吸器障害には蒸気吸入や胸部に擦りこみます。

 

<作 用>

エストロゲン様、強壮、抗菌、収れん、静脈強壮、神経強壮、制汗、鎮咳、鎮痙、鎮静、通経、利尿

 

<適 用>

こころに 興奮を鎮め、倦怠や無気力感を改善し、気分を爽快に

からだに ハンドバスやフットバスなどの部分浴で手や足の異常発汗を抑え、ほてりやだるさを軽減させ元気づける

美容に  たるんだ皮膚を引き締める働きがあり、セルライト(過剰な脂肪のでこぼこ)にはマッサージが効果的

 

<香 り>

ベースノート / ウッディ系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、スパイス系

グレープフルーツ、レモン、フランキンセンス、サンダルウッド、ラベンダーなどと好相性

<注意事項> 

妊娠中、エストロゲンにより助長される障害(乳腺症や子宮筋腫など)のある場合

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用します

 

<学 名>  Cupressus sempervirens

<英 名>  Cypress

<別 名>  ―

<科 名>  ヒノキ科

<原産国>  地中海沿岸

<抽出部位> 葉、球果部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> α-ピネン(〜55%)、δ-3-カレン(〜25%)、セドロール、α-テルピノレン、α-セドレン、δ-カジネン、マノオール、アビエノール、センペルビロール、リモネン

 

関連記事

  • ジュニパーベリー<精油>

  • ジャーマンカモミール<精油>

  • シダーウッド・アトラス<精油>

  • スペアミント<精油>

  • ジャスミン<精油>

  • ゼラニウム<精油>