1. TOP
  2. ハーブをふかめる(応用)
  3. 妊娠中は避けるべきハーブティーと禁忌・副作用のあるハーブ一覧

妊娠中は避けるべきハーブティーと禁忌・副作用のあるハーブ一覧

お客様からいただく質問の中で多いのが

  • 妊娠中にハーブティーを飲んでも大丈夫?
  • 妊娠中は、どのハーブティーに注意したら良いの?
  • 授乳中にも気をつけるハーブはあるの?

など、というものです。

妊娠中はこころもからだもゆらぎやすく、とてもデリケートな時期。

お母さんや赤ちゃんにとって滋養のあるもの、からだに良いものを安心して摂取したいですよね。

カフェインを含まない飲み物のひとつとして、ハーブティーがあります。

けれども、中には妊娠中は飲んではいけない避けるべきハーブ、また注意が必要なハーブがたくさんあります。

それに、アレルギー体質や高血圧、糖尿病など特定のお薬を服用している方にも同様に、避けるべきハーブがあります。

今回は「妊娠中は禁忌・注意が必要なハーブ」「禁忌・副作用のあるハーブ」をご紹介します。

妊娠中にハーブティーを飲んでもいいの?

妊娠したら出来るだけお薬は使いたくないものです。

食事や飲み物など、それまでとは違ってとても気を使いますよね。

アルコールはもちろんカフェインのある緑茶やコーヒーなどは、あまり飲まないようにしている方が多いのではないでしょうか。

それに妊娠中はつわりやむくみ、便秘、不眠などの妊婦さん特有の不調もあります。

ハーブティーはカフェインを含まない飲み物として、妊婦さんにも飲めるブレンドハーブティーもありますね。

ゆらぎやすい妊婦さんのこころとからだをサポートして、ちょっとした不調を和らげるハーブティーはとても強い味方です。

けれども、ハーブによって妊娠中はひかえたほうがよいものもあります。

ハーブの中には、カフェインを含むハーブや薬理作用のあるメディカルハーブもあります。

また、ホルモンの分泌を促進するものや、子宮に影響を与えるものがあり、妊娠中には禁忌とされていたり、注意するべきハーブがたくさんありますので、それぞれのハーブが持つ働きと注意点を、必ずチェックする習慣をつけましょう。

また、持病のある人や通院中の人は医師のアドバイスを求めましょう

ハーブティーは信頼できるお店の商品を選び、用法、容量など注意してください。

ご自分の体調によく注意して、楽しみましょう。

ハーブティーを飲んでしまったけれど大丈夫?

妊娠中には注意が必要なハーブティーがあることを知らずに、飲んでしまったときはどうすれば良いのでしょうか。

ハーブティーは、食品に分類されるので、医薬品とは違います。

絶対に口にしてはいけないものではなく、大量に摂取したり、長期に渡っての連続使用を避け、適量であれば大きな問題はないとされるものも多くあります。

しかし、体調の変化がある場合は、病院を受診することをおすすめします。

妊娠中に気をつけたいハーブとは

ハーブには様々な効能・作用があり、妊娠中は禁忌、または注意とされるハーブはたくさんあります。

禁忌事項として、

  • 妊娠中は摂取を控える
  • 妊娠初期は用いない
  • 子宮収縮作用がある
  • 子宮を刺激する
  • 妊娠中は大量摂取を控える
  • 妊娠中の長期の連続使用を控える 

などがあります。

また、ハーブの種類によっては同じハーブでも、飲む時期を意識する必要があるので注意してください。

ハーブ専門店のハーブマイスターや医師に相談のうえ使用するようにしましょう。

妊娠中に禁忌・注意ハーブ一覧

 

妊娠中だけでなく、授乳中に注意するべきハーブもあります。

オレンジフラワー 妊娠中の方は摂取をお控えください
カルダモン 妊娠中の方は大量摂取をお控えください
ギンコウ 妊娠中及び小児の方は摂取をお控えください
クローブ 妊娠中の方は摂取をお控えください
ゴボウ(バードック) 妊娠中の方は摂取をお控えください
シナモン 強力な子宮収縮作用があるので妊娠中は大量に用いないこと
ジャーマンカモミール 子宮収縮作用があるので妊娠中は用量を守ること
ジュニパーベリー 子宮を刺激するので妊娠中は用いないこと
スペアミント 子宮刺激作用があるので妊娠中は大量に摂取しないこと
セージ 妊娠中の方、てんかん患者の方は摂取をお控えください
タイム 子宮を刺激するので妊娠中は大量に用いないこと
チェストツリー 妊娠中の方は摂取をお控えください
ハトムギ 妊娠中の方は摂取をお控えください
バレリアン 妊娠中の方は摂取をお控えください
フィーバーフュー 子宮を刺激する作用があるので妊娠期間中には使用しない
フェヌグリークシード 妊娠中及び小児の方は摂取をお控えください
フェンネル 子宮を刺激するので妊娠中は大量に用いないこと
ペパーミント 母乳分泌を減らすことがあるので、授乳中の摂取は慎重にすること
ラズベリーリーフ 妊娠初期〜中期の摂取はお控えください
ラベンダー 妊娠中の方は大量摂取をお控えください
レディースマントル 妊娠中の方は摂取をお控えください
レッドクローバー 妊娠中及び小児の方は摂取をお控えください
ローズマリー 妊娠中の方は大量摂取をお控えください、長期の連続使用はお避けください

 

妊娠中はカフェインにも注意

ハーブのジャスミンマテには微量のカフェインが含まれています。

妊娠中はカフェインも気になるところですね。

どうしてカフェインが妊婦にとって良くないのかというと

  • 赤ちゃんはカフェインを分解することができない
  • カフェインによる血管収縮作用によって胎盤への血液量が減る
  • カフェインの利尿作用によって、ミネラルが吸収されにくい

などの理由があるからです。

カフェインは、1日300mg以下(コーヒー1〜2杯分)までなら、大きな影響はないとされています。

あまり気にし過ぎるのも良くないので、コーヒーや紅茶、緑茶などは適量の範囲内で摂取するように心がけましょう。

また、カカオ含有量の多いチョコレートやココア、ブルーベリー、プルーンなどに含まれるポリフェノールも妊娠後期には、摂り過ぎに注意が必要です。

ハーブティーと副作用・アレルギー

ハーブティーの副作用として、エキナセアは大量に摂取するとまれに吐き気やめまいを生じることがあったり、パッションフラワーバレリアンのように体質・体調によっては眠気を誘発する場合があるハーブがあります。

また、お薬を服用中の方は、薬との飲み合わせの注意があります。

薬の効果をなくしたり、副作用を引き起こす可能性があるため、まずはかかりつけの医師にご相談のうえ、お求めいただくことをおすすめします。

キク科アレルギーの方、持病のある方は下記のハーブにご注意ください。

キク科アレルギーの方は摂取をお控えください

エキナセア

ゴボウ(バードック)

ジャーマンカモミール

ステビア

ダンディライオン

チコリ

フィーバーフュー

マリーゴールド

ミルクシスル

ヨモギ

持病のある方は摂取をお控えください

高血圧の方 リコリスローズマリーシベリアンジンセン

糖尿病の方 ゴーツルー

心臓病の方 ホーステール

腎臓疾患のある方 ホーステールジュニパーベリー

抗凝固薬を服用されている方 フィーバーフュー

低血圧の方、血圧降下剤を服用されている方 オリーブ

てんかん患者の方 セージ

まとめ

妊娠中は避けるべきハーブティーと禁忌・副作用のあるハーブ一覧はいかがでしたか。

カフェインを含まない飲み物として、ハーブティーは妊婦さんにも飲まれています。

ハーブにはビタミン、ミネラルをはじめとする植物化学成分が豊富に含まれ、ときには、活力となり、ときには心身の緊張をほどいてリラックスさせてくれたりします。

医薬品とは違って、病気の予防や日々の軽い不調を取り除いてくれるハーブは、私たちのこころ強い味方です。

けれども、さまざまな作用を持つ植物の力は、正しく使ってこそ役立つもの。

妊娠中の方はもちろん、アレルギー体質や持病のある方、お薬を服用されている方は、ハーブ専門店のハーブマイスターや医師と相談しながら、正しくハーブティーを楽しんで、健やかなマタニティライフ、ハーバルライフをお過ごしくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-暮らしを紡ぐフィトテラピー講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と調和した暮らし”をテーマにしたHerb shop&cafe HMCの経営・商品企画、製造・イベント,講座の主催・講演など幅広く活動中。ハーブ・アロマをはじめとする植物療法に20年以上にわたり携わる。フィトテラピーやナチュラルメディスンを暮らしに取り入れやすいメソッドやプロダクトを幅広い世代の方に伝える。

#プロフェッショナルアドバイザーオブハーブ(PAH)#薬膳ハーブインストラクター#チャイルドコーチングアドバイザー#植物療法研究家

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊婦さんをしっかりサポート!妊娠中・授乳中の体調管理におすすめのハーブティー

  • 妊娠中は避けるべきハーブティーと禁忌・副作用のあるハーブ一覧

  • 陰陽五行に基づいた「ハーブティーやアロマで秋の養生、過ごし方」

  • 陰陽五行思想について

関連記事

  • 花粉症に効果?!ネトルハーブティーの効果・効能、おすすめの飲み方について

  • ホーリーバジルティーの作り方・飲み方、効果・効能を実感する6ステップ

  • 簡単!虫よけハーブ・アロマスプレーとおすすめハーブアイテムの作り方まとめ

  • 体の冷えや肩こりを改善!ハーブ・アロマでポカポカ冷え対策まとめ

  • デトックスに効果的な飲み物!ハーブティーで簡単デトックスのやり方とは?

  • 風邪予防や対策、喉・鼻水・咳に効果のあるハーブティーおすすめ12選