1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・サ行
  4. ジャーマンカモミール<精油>

ジャーマンカモミール<精油>

ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミール Matricaria recutita

「大地のりんご」といわれるりんごと菊を合わせたような香り

古代エジプトの時代から広く利用されている植物で、和名を「カミツレ」といい、花は「りんごのような甘い香り」がします。

花から抽出した精油は抗炎症作用のあるアズレンを豊富に含み、深い藍色(カマズレンブルー)をしています。

和らげ鎮める働きが特徴的な精油で、女性特有のあらゆる症状に適応します。

お年寄りには不眠や体の痛みに心地よく使用することができます。

ジャーマンは特に、皮膚炎や局部使用で使うのが適しています。

アレルギーや湿疹、かゆみ、ドライスキンなどの敏感な皮膚症状を緩和します。

 

<作 用>

健胃、降圧、抗アレルギー、抗炎症、鎮痙、鎮静、鎮痛、癒傷

 

<適 用>

こころに ・不安やイライラ、緊張、神経過敏などを和らげリラックスさせる

     ・不眠症にも効果的

からだに ・マッサージや蒸気吸入で、神経性の胃腸の痛みを緩和する

     ・筋肉痛やストレスに伴う偏頭痛を和らげる

     ・打ち身や捻挫には冷湿布が有効

美容に  ・皮膚細胞を蘇らせ、肌のキメを整える

     ・ブリーチ後の髪にリンスとして用いると効果的

 

<香 り>

ミドルノート / フローラル系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系

強く支配的になりやすいので少量使用すること

<注意事項> 

ブタクサアレルギー

低血圧の人は血圧を下げる作用があるので注意すること

※濃度が高いと香りが強いので、心への作用を期待する場合は、低濃度(1%以下)に薄めて使用すること

 

<学 名>  Matricaria recutita

<英 名>  Chamomile German

<別 名>  ―

<科 名>  キク科

<原産国>  西ヨーロッパ

<抽出部位> 花部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> α-ビサボロール(〜30%)、β-ファルネセン(〜30%)、アズレン

 

関連記事

  • ジャスミン<精油>

  • サイプレス<精油>

  • ゼラニウム<精油>

  • ジュニパーベリー<精油>

  • スペアミント<精油>

  • シダーウッド・アトラス<精油>