1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・ハ行
  4. バーチスイート<精油>

バーチスイート<精油>

バーチスイート Betula lenta

和名は白樺、やる気を起こさせる爽やかな香り

カバノキの種類は60種にものぼります。

シルバー/ホワイト(Betula pendula)、イエロー(Betula alleghaniensis)、ブラック/チェリー/スイート(Betula lenta)などがあり、白樺の仲間ですがスイートの樹皮は白くはありません。

北欧では冬場サウナに入ってこの枝で体を叩き、浄化作用を促進します。

キシリトールが最初に発見されたのもカバノキからです。

90%近く含まれる主成分のサリチル酸メチルは、筋肉痛などに用いる市販の湿布薬や塗り薬の香りです。

リフレッシュさせるような香りですが、わずかに消毒薬臭もあります。

鎮痛作用や炎症を鎮める作用があるのでリウマチや痛風にも効果的です。

清涼感がありますが、皮膚への刺激が強いので使用過多には気をつけましょう。

外用でも量や頻度が過ぎると腎臓に負担がかかり、腎炎などを引き起こす可能性があります。

 

<作 用>

強肝、抗炎症、刺激、腎臓刺激、鎮咳、鎮痙、鎮痛、利尿

 

<適 用>

こころに やる気を起こし元気にする

からだに 血液を浄化、体内の老廃物の排泄を促し、筋肉痛や関節炎の腫れや傷みを和らげる

 

<香 り>

ベースノート / ウッディ系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

ラベンダー、サイプレス、マージョラム、パイン、ブラックスプルースと好相性

<注意事項> 

妊娠中、授乳中、アスピリンにアレルギーのある人。

高濃度で使用すると皮膚刺激となる可能性。

長期または大量に使用すると腎毒性を示す。

交感神経を強く刺激するので一度に多量に使用しないこと。

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用します

 

<学 名>  Betula lenta

<英 名>  Birch

<別 名>  白樺

<科 名>  カバノキ科

<原産国>  アメリカ

<抽出部位> 樹皮部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> サリチル酸メチル(〜90%)、サリチル酸エチル、酢酸リナリル、ベツレン

 

関連記事

  • ベチバー<精油>

  • ペパーミント<精油>

  • フランキンセンス<精油>

  • フェンネルシード<精油>

  • ベルガモット<精油>