1. TOP
  2. 精油事典
  3. 精油・サ行
  4. シダーウッド・アトラス<精油>

シダーウッド・アトラス<精油>

シダーウッド・アトラス Cedrus atlantica

すっきりとして甘く落ち着いた樹木の香り

ノーブルシダーは樹高30m以上にもなる針葉常緑樹で、シダーの語源はアラビア語で「力」です。

針葉樹の中でも最も大きく、根をしっかりと張るため偉大な力の象徴とされました。

古代エジプト人はシダーウッドを神聖な樹木として、神殿やミイラを作る際に用いました。

持続する甘くスモーキーな香りは、寺院で焚く香りとして多くの人々に使用されてきました。

心を落ち着かせる効果があるので、不安や緊張でつらいときに入浴などで使用します。

リンパ液の滞りや循環促進のためのリンパマッサージや、静脈強壮作用が脚の静脈瘤の予防改善にも役立ちます。

ウッディ系の香りは防虫効果にも優れており、空気も浄化します。

 

<作 用>

去痰、抗菌、抗真菌、昆虫忌避、収れん、循環促進、静脈強壮、神経強壮、鎮痙、鎮静、通経、皮膚再生、利尿、リンパ強壮

 

<適 用>

こころに 緊張や興奮で高ぶった神経を鎮め、心配事などによる不安な気持ちを和らげる

からだに 軽い咳や痰などの症状を緩和する働きがある

美容に  収れん作用と抗菌作用があるため、フェイシャルスチームで使用するとニキビなど脂性肌のトラブルを改善する

 

<香 り>

ベースノート / ウッディ系

<ブレンド相性>

柑橘系、ハーブ系、フローラル系、ウッディ系、樹脂系、スパイス系

ベルガモット、ローズ、ジャスミン、パチュリ、サンダルウッド、ミルラなどと好相性

個性的だが甘く落ち着いた香りで保留剤としても

<注意事項>

幼児、妊娠中、授乳中の方は使用をお控え下さい

※肌を刺激する事があるので、必ず低濃度(1%以下)に薄めて使用します

 

<学 名>  Cedrus atlantica

<英 名>  Atlas Cedarwood

<別 名>  ―

<科 名>  マツ科

<原産国>  北アフリカ

<抽出部位> 木部

<抽出方法> 水蒸気蒸留法

<主な成分> β-ヒマカレン(〜40%)、α-ヒマカレン、α-アトラントン、γ-ヒマカレン、デオダロン、γ-アトラントン、ヒマカロール、イソシドラノール、δ-カジネン、クベノール

 

<ご購入はこちら>

シダーウッド・アトラス<精油>

 

関連記事

  • サイプレス<精油>

  • ゼラニウム<精油>

  • サンダルウッド<精油>

  • ジャーマンカモミール<精油>

  • スペアミント<精油>

  • シトロネラ<精油>