1. TOP
  2. ハーブティーの基礎
  3. 期間や回数は?効果効能を実感するためのハーブティーの飲み方

期間や回数は?効果効能を実感するためのハーブティーの飲み方

 2018/02/02 ハーブティーの基礎  

ハーブティーを飲む時、気になるのがその効能や効果的な飲み方です。

正しい飲み方を知り、ハーブティーの効果を実感してみませんか?

  • ハーブティーはいつ飲んだらいいの?
  • どのくらいの期間飲むと効果があるの?
  • 買ってしまったハーブティーがあまり美味しくないのだけど、飲みやすくするにはどうしたらいいの?

など、あなたの疑問を解決!

今回は【効果を実感するためのハーブティーの飲み方】についてお話しします。

ハーブのチカラで不健康なライフパターンの悪循環を断ち切りましょう!

ハーブティーの活用法

ハーブティーにより身体に取り入れられた有効成分は、すべて尿として排泄されます。

症状を無理に抑えるのではなく自然治癒力を高めることから、基本的には副作用・習慣性の心配はありません。

最近の新薬の多くは生薬やハーブの成分を分析し、化学合成することで作られています。

けれども、薬効の強すぎるハーブなどは使用期限や特定の疾患、妊婦などに使用できないものもあるので、使用方法・使用量には注意が必要です。

良質の水分『ハーブティー』をたくさん飲むことの重要性

一般的に人間の身体の約60%は水分です。

新生児で約80%、幼児は約70%。

加齢とともに身体の水分量は減少していきます。

健康な成人が1日に必要な水分量は約2.2ℓ。

それに対して排泄量も約2.2ℓ(腎臓での血液濾過)です。

良質の水分によって不必要なもの【老廃物やストレス】は約4時間から6時間後に、つかんで外に排泄されます。

そうして人間の身体は常に一定の水分バランスを保つことで、美容と健康を維持できるのです。

加齢とともに水分補給の必要性が高まるのはこのためです。

水分不足は肌がカサカサになるという見た目だけでなく、体調不良にも繋がります。

適切に水分を取ることにより、汗をかきやすい身体になり、肌やカラダを内側から潤してくれます。

老化は水分調整バランスがくずれた時にはじまります。

だから良質の水分『ハーブティー』をたくさん飲むことが重要なのです。

目的や効能を重視する飲み方3つのコツ

  • リラックスして身体を温めたい
  • 季節の変わり目の不調を何とかしたい
  • ダイエットを成功させたい
  • 冷えをとりホルモンバランスを整えたい

など、様々な理由でハーブティーを飲んでいると思います。

しかし、飲み方によってはせっかくの効能を充分に取り入れていないかもしれません。

そこで、上手な摂取の仕方をご紹介します!

  1. 1回の量はカップ1杯〈約200cc〉
  2. 4時間から6時間おきに1杯を目安に定期的に飲みましょう
  3. 食事の前(胃腸の弱い人は食後)などの空腹時や入浴後など血行が良い時、吸収が良いとされています

1日3回飲むことを習慣に

4時間から6時間おきに飲むことで、1日を通してハーブの成分が身体に留まります。

さらに運動する30分前やお目覚めの時、おやすみ前なども良いでしょう。という具合に、目的に合わせて効果的な時間があるのですね。

けれどもハーブによっては多量摂取の出来ないものや、常用できないものもあるので注意が必要です。

ハーブティーの美味しい飲み方

ハーブティーを買ったけれどあまり美味しく感じられない、飲みにくいので続かない、なんていうとき、ちょっとしたアレンジでいつものハーブティーが変わります!

  • ハチミツやサトウキビ糖・ジャムなどで甘みをプラス!
  • ミルクを入れる、またはミルクで煮出す
  • フレッシュなフルーツやドライフルーツと一緒にハーブティーを蒸らす
  • アイスティーにして飲んでみる
  • ほうじ茶や飲みなれたノンカフェインのお茶とブレンドする

【デトックス期】まずは1ヶ月!

ターンオーバーの1サイクル〈約28日から33日間〉飲み続けてみてください。

肌やカラダを内側から潤すことにより、汗をかきやすい状態にしてくれます。

自然と代謝が上がり血液やリンパも流れやすく老廃物が排泄されやすい身体に。

【リセット期】90日間で本来の健康な状態に戻していく!

次にカラダをリセットし、本来の健康な状態に保つ時期に入ります。

1日500cc~1ℓを目安に続けましょう。

体調の変化に合わせてブレンドレシピを変えてみるのもいいでしょう。

【コントロール期】体調を管理して充実した生活を!

何となく調子の悪い時、どうしても調子を崩せない時など、ご自分のカラダとココロの声に耳を傾け、状態に合わせたハーブティーを摂取することで体調をコントロールできる時期です。

効果を実感しながら余裕のある充実した生活を送りましょう!

まとめ

効果を実感するためのハーブティーの飲み方、いかがでしたか?

現代人は自分のカラダの声を感じにくくなっていると言われます。

お湯を沸かしハーブティーを入れる時間は、五感を通じてたくさんの情報がゆっくりと脳に届けられます。

ハーブティーの色合い・香り・味わいのすべてを取り込むような気持ちで、楽しみながら続けられるといいですね。

また、楽しく飲み続けるには美味しい!と感じることも重要です。

自分の体調や味覚にピッタリあったオーダーメイドハーブティーなら満足度は高いでしょう。

オーダーメイドハーブティーを試す

\ SNSでシェアしよう! /

Herbwith(ハービズ)-ハーブのある暮らし情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Herbwith(ハービズ)-ハーブのある暮らし情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Herbwith(ハービズ)編集長

Herbwith(ハービズ)編集長

”自然と人の穏やかな調和の暮らし”をテーマに各種講座開催やWEBマガジンの編集を行う。農薬不使用ハーブ専門店の経営、イベント企画など、ハーブ・アロマ業界に20年以上にわたり携わる。
ハーブのある暮らしや自然回帰のライフスタイルを、幅広い世代の方に分かりやすく伝えるハーブマイスター。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 月の満ち欠けに合わせて暮らすハーブティー・アロマの選び方と体調ケア法

  • 体の冷えや肩こりを改善!ハーブ・アロマでポカポカ冷え対策まとめ

  • 不眠改善・ストレス解消に効果!ハーブティー・アロマでぐっすり!疲れをリセット

  • 美白に効果!最強・おすすめハーブ・アロマランキング

関連記事

  • 簡単!虫よけハーブ・アロマスプレーとおすすめハーブアイテムの作り方まとめ

  • 胃腸を元気にするハーブティーで夏バテ対策!夏冷え予防の5つのポイント

  • ホーリーバジルティーの作り方・飲み方、効果・効能を実感する6ステップ

  • ハーブティーの美味しい飲み方・入れ方・作り方おすすめの6つのポイント

  • 月の満ち欠けに合わせて暮らすハーブティー・アロマの選び方と体調ケア法

  • ハーブティーとは?効果・効能や選び方、紅茶や漢方との違いについて